HOME・SITEMAP 日替わりメモ 千葉県の目次
 

館山市 海上自衛隊館山航空基地常設展示
館山航空基地教育史料館
 思い出の1コマ HSS-2の飛行前後

 

A3506 千葉県館山市 海上自衛隊館山航空基地
           Tateyama Naval Air Base, Tateyama City, Chiba Prefecture 

                         
海上自衛隊館山航空基地 屋外展示機
                          
◎ シコルスキーS-61A 8185

8185の経歴 

1990/05/15 c/nM61187 海上自衛隊に引渡 南極観測支援機 シラセ飛行科

撮影2004/07/17 横須賀 にがうり
2008/10/15 館山航空基地で最終展示飛行 用途廃止
2009/05 館山航空基地に展示

2016年

撮影2016/07/30 YS45


2014年 

撮影2014/07/27 YS45


2013年 

撮影2013/07/21 YS45


2009年

撮影2009/10/10 渡辺孝義

 

◎ シコルスキーSH-60J 8221 撮影2008/01/06  YS45

8221の経歴 

1992/10 c/n1021 海上自衛隊に引渡
  第124航空隊で用途廃止
2007 館山航空基地に展示

2014年 

撮影2014/07/27 YS45


2013年 

撮影2013/07/21 YS45


2008年の状況 

撮影2008/01/06 YS45

 

 

 

◎ シコルスキーHSS-2B 8085 

8085の経歴 

1979/12/15 c/nM61094 海上自衛隊に引渡
 
現役時代 撮影1983/12 館山基地  大石治生

第121航空隊は艦載ヘリコプターを運用する部隊です。HSS-2Bタイプの機体番号は、HSS-2Aからの連番として引続きました。この8085号機はHSS-2B初期型で、マイナートラブルも少なく、訓練飛行に使われることが多かった思い出があります。
 この写真は同基地内に護衛艦の飛行甲板に似せて作られた陸上発着艦場に訓練で着艦する直前の姿を撮影したもので、パイロットや航空士が着艦位置と高度を確認するために緊張しながら下を覗き込んでいる様子が伺えます。

  用途廃止
  館山航空基地に展示

2014年 

撮影2014/07/27 YS45


2013年 

撮影2013/07/21 YS45


2002年の状況 

撮影2002/10/6 ロックオン

◎ ビーチクラフトB-65 6726 

6726の経歴 

1970/06/08 c/nLC-333 N3942 海上自衛隊に引渡
  撮影1978/10/22 芦屋航空祭 大平昌己
1992/06/24 大村航空隊で用途廃止
  館山航空基地に展示

2014年 

撮影2014/07/27 YS45


2013年 

撮影2013/07/21 YS45


2002年

撮影2002/10/6  ロックオン

 

◎ 富士KM-2 6259 

6256の経歴 

1969/11/28 c/nTM-26 海上自衛隊に引渡
1984/05/21 第201航空隊で用途廃止
  館山航空基地に展示

2014年 

撮影2014/07/27 YS45


2013年

撮影2013/07/21 YS45


2002年

撮影2002/10/6  ロックオン

 


× ビーチクラフトJRB-4(SNB) 6409 

 

6409の経歴 

  US NAVY JRB-4 c/n7667  Bu.29616
1957/09/25 海上自衛隊に引渡
1964/11/30 用途廃止
  館山航空基地に展示
  撤去

撮影1979〜1980年頃 YS45


撮影1991/01 
ogrenko

 

× シコルスキーHSS-1N オ-8569(海上自衛隊最終号機)

8569の経歴 

1963/01/26 c/n581543  海上自衛隊に引渡
1975/07/07 大村航空隊で用途廃止
  館山航空基地に展示
  撤去

撮影2000/9/24 geta-o

 

 

 

 

 

 

 HSS-1Nはとは自動操縦装置、ドップラーレーダー、電波高度計、自動ホバーカプラーを装備した全天候型です。自動ホバーカプラーにより、あらかじめ設定した場所を探知して、定められた高度で自動的にホバリングができる能力がありました。

           

× グラマンTBM-3Rアベンジャー USN91195 RK-5 撮影1962/7/23  geta-o


 TBM-3RはTBM-3Sの後部銃座を座席、爆弾倉を貨物庫に改造した輸送機型です。
 輸送機型は海上自衛隊には供与されておりませんが、米海軍のVR-21が下総基地に置いていったものを、館山にもってきて日の丸をいれたようです。

 航空画集1957年第11集に「この3Rは整備機材として配属されている」とあります。

 この整備機材は後に、NAVYとRKのところを海上自衛隊と書きかえられて呉教育隊の展示に回されたようです。
 なお、海上自衛隊が供与されたアべンジャーはTBM-3WとTBM-3Sの各10機で、WとSがタッグでハンターキラーとして鹿屋基地で訓練しました。

 

 

 

館山基地教育史料館

館山航空基地の資料館名称について  2005/10/10 ogurenkoさんから

自分の知りうる範囲ですが、この施設の名称がばらばらです。
   1. 館山基地のHP → 教育史料館
   2. 防衛白書(H17年度版) → 館山航空基地隊記念館    
   3. 資料館の看板 → 二十一空群史料館(写真左) 
   4. 基地入り口の看板 → 史料館(写真右)
 
 
  2005/10/11に17年度海上自衛隊さわやか運動本部へ 、きちんと統一されるよう申し入れましたが、2008年現在返事はありません。(佐伯邦昭)

                      

海軍一〇式艦上戦闘機のプロペラ 撮影2008/05/25  小規模板工房


(注) 空母鳳翔への別の飛行機の着艦風景は 航空歴史館 センピル教育団関係者が撮影した写真参照 


海軍九〇式水上偵察機
のプロペラ 山本 五十六長官揮毫

撮影2005/10/02  ogurenko                  撮影2008/05/25  小規模板工房

 


電動慣性起動器1型 

撮影2006/10/01  ogurenko

撮影03/10/09  にがうり

小倉勝男著 航空原動機から (昭和39年共立出版発行 掲載許可済み)


看板 
撮影2005/10/02  ogurenko
次期南極観測ヘリコプターC-101(EH-101) 
撮影2005/10/02  ogurenko
館山基地所属ヘリコプター 
撮影2005/10/02  
ogurenko
2000年2月14日ロシア海軍総司令官クロエドフ大将から贈られたフランカー 撮影2005/10/02  ogurenko

 
古い航空雑誌がある 撮影2005/10/02  ogurenko
Gメン75 撮影風景 撮影2006/10/01  ogurenko
額縁写真 T-34も居た 撮影2005/10/02  ogurenko