HOME・SITEMAP 日替わりメモ 製作会社別機名別索引 トップ

  top

ヒコーキ雲 零式艦上戦闘機総目次

 Mitsubishi A6M Rei-shiki Carrier Fighter REISEN and its parts,
 with Internet CONTRAIL and AERO HISTORICAL EXPLORER MUSEUM

完成機(修理復元、合体復元、完成機模型)の部

名称と記号 航空史探検博物館掲載ページ 備    考
零式艦上戦闘機21型 複座改造機
  輸入後の修理及び国立科学博物館展示 ラバウル海軍航空廠で複座に改造
零式艦上戦闘機32型 Y2-128  三菱零式艦上戦闘機32型 Y2-128の戦後史

福岡航空宇宙協会がサイパンから
輸入修復

名古屋空港ビル航空館 ×展示終了
甘木音楽館 ×展示終了
大刀洗記念館 恒久展示 09/10/03から公開
零式艦上戦闘機52型甲 43-188  岐阜基地及び三菱小牧での復元記録 グアム島から輸入
1965 防府北基地 ×一般公開と献花式
1967 楽々園 ×戦史博巡回展示
1972 唐小浜 ×航空博覧会巡回展示
1980 荒尾 ×航空博覧会巡回展示
浜松基地 ×航空祭展示
浜松広報館 恒久展示
 零式艦上戦闘機52型 61-120

 里帰り展示飛行

プレーンズ オブ フェイム博物館所有
@ 零戦故郷を飛ぶ実行委員会のプロモートによる飛行記録
A レッドバロン社主催によるショーの記録
B 所沢航空発祥記念館での展示
零式艦上戦闘機52型 81-161   靖国神社遊就館恒久展示 河口湖自動車博物館で製作
零式艦上戦闘機52型甲 三菱4708    三菱重工業小牧南工場史料館恒久展示 ヤップ島から輸入
  更 カウリングの不自然な膨らみについて
零式艦上戦闘機52型    鹿屋航空基地史料館恒久展示 引揚2機を合体復元
零式艦上戦闘機63型 210-118 B   琵琶湖から引揚修理記録 琵琶湖水没機体
嵐山美術館 ×閉館 修復
嵐山美術館零パーク ×閉館 購入
呉市海事博物館準備室 大和ミュージアム 購入
大和ミュージアム零式艦上戦闘機に関する疑義 町工場で終理し恒久展示
零式艦上戦闘機22型  更 零式艦上戦闘機22型 A1-112 石塚政秀氏所有 鹿屋航空基地保管
零式艦上戦闘機52型 3/4レプリカ ホンダエアポート 180馬力エンジン付き 航空局許可待ち
零式艦上戦闘機21型 オヒ-101 河口湖自動車博物館   (画像公開不許可) 河口湖自動車博物館で製作
零式艦上戦闘機52型 豹187 河口湖自動車博物館   (画像公開不許可)  河口湖自動車博物館で製作
零式艦上戦闘機鉄製現寸レプリカ 青森県立三沢航空科学館 佐賀市で映画撮影用に製作
零式艦上戦闘機32型レプリカ 青森県立三沢航空科学館 山本五十六映画撮影用
三菱零式艦上戦闘機21型レプリカ 茨城県阿見町予科練平和記念館  2015/10展示開始  
零戦らしき復元機 ノースアメリカンSNJ 陸上自衛隊土浦駐屯地雄翔館  
零式艦上戦闘機 映画撮影用模型 鹿児島県伊佐市布計小学校 映画 WINDS OF GOD -KAMIKAZE-
零戦らしき復元機 東近江市 寄せ集め組立品
零式艦上戦闘機21型原寸レプリカ 札幌市丸井百貨店屋上 ×映画宣伝巡回 展示 東宝映画零戦燃ゆ
高知市高知三菱 ×映画宣伝巡回 展示
米海兵隊岩国航空基地 旧零戦掩体壕内恒久展示
零式艦上戦闘機21型原寸レプリカ 新 宇佐市平和資料館

映画永遠の0撮影用

 

機体の部分、部品、写真類の部

部品等名称 航空史探検博物館掲載ページ 備     考
零式艦上戦闘機21又は31型主翼 倶知安郷土館  ニセコアンヌプリ山北大観測所実験機
零式艦上戦闘機21又は31型プロペラ 岩手花巻空港 ニセコアンヌプリ山北大観測所実験機
零式艦上戦闘機52型丙 機首 知覧特攻平和記念館  機首等の引揚残骸のまま
栄エンジン 鹿屋航空基地史料館   
栄エンジン、プロペラ 築城基地 保管終了  
入間基地  修部台記念館  
栄31型甲 大和ミュージアム  
栄31型甲 減速機歯車 点火プラグなど 大和ミュージアム  
栄エンジン、プロペラ、胴体、主翼 竜ヶ崎飛行場 ×販売品  一部河口湖博物館へ ライト航空商会扱い
栄エンジン、プロペラ 赤穂市 ×展示 終了 現状不明  
栄エンジン、プロペラ 京都飛行神社   
×栄エンジン、プロペラ 説明板による  愛知比島観音 瑞星エンジンと判明 遠州灘で引揚 
栄エンジン、プロペラ 大分市予科練資料館  豊後灘で引揚
栄エンジン、プロペラ 宇佐市城井零戦掩体壕内   
プロペラ 霧島市上床公園   
プロペラ 雄翔館 ヤップ島から持ち帰
絞弁把柄(スロットルレバー) A6M232  
九八式射爆照準器 土浦駐屯地武器学校  
4式射爆照準器 大和ミュージアム  
20ミリ、13ミリ機銃 弾倉 大和ミュージアム  
献納機写真 報国第3393号 黒島岩国号 海上自衛隊岩国基地史料館   
献納機写真 報国第1222号 岩国号 岩国市内 某氏宅  
献納機写真 報国第5118号 秋富兄弟号 旧秋田商会ビル  
屋外模型 聖天英霊堂   
プロペラ、ハブ、プロペラ金型、タイヤなど 千葉県松戸市 中村氏宅 個人収集品
絞弁把柄(スロットルレバー)など 千葉県松戸市 中村氏宅 復元
32型計器板 複製 旧大刀洗平和記念館  
主翼取付部、主脚デモンストレーション  三菱小牧工場   
落下増槽、桁部品 航空自衛隊浜松基地資料館   
落下増槽、風防ガラス 日本司法博物   
落下増槽 前部 霞ヶ浦駐屯地広報センター  
外板(銘板) 北熊本駐屯地  ブーゲンビルで蒐集
残骸木箱 大刀洗記念館 非展示 現状不明   
後部胴体、カウリング、照準器、尾輪など 谷口コレクション 風防の実物を求めている
後部胴体 車輪 笠間市筑波海軍航空隊記念館   
カウリング、主脚柱、車輪 泉州航空神社  

 

日替わりメモ2009年12月23日から転記

○ NHK ハイビジョン特集  零戦 〜栄光と悲劇の航跡〜

 個人的感想を少々。

 ミッドウエ―海戦という触れ込みの実写で、一式陸攻が特攻している(沖縄戦か)などのごまかしもありましたが、その程度はお笑いです。このディレクターは、何を言いたいのか見終わって焦点がわかりません。栄光と悲劇というのは、
 ・ 無敵の時代
 ・ 米海軍の格闘作戦変更にやられっぱなしの時代
 ・ 特攻の時代
を指すことはわかりますが、人間ドラマと航空機ドラマをごちゃごちゃにしている感じで、これなら、悪評さくさくではあっても柳田国男の日本海軍ぼろくそ論放送T24の方がまだ筋が通っていました。

 零戦パイロット生き残りの90代の老人たちが出演して、恩賜の時計を自慢げに見せたりしていますが、彼らの話はもっと若い時に雑誌丸などに出していることばかりで、新味はありません。むしろ加齢によって記憶が次第に単純化(自分に都合の悪いことは忘却)され、史実が歪曲されるのではないかと心配しました。

 夏に長時間インタビュー収録なのはわかりますが、下着の半袖シャツ姿でしゃべる老人も醜いし、それを長々と画面に出すのもえげつないです。身内の若い人は気分が悪いでしょう。

 そして、おきまりの特攻哀歌が主テーマになると、命令を受けた第一線操縦士の複雑な心理回顧となりますが、作戦を立てたり命令を下した側の証言が全く出てこないのが、何んとも不自然です。部下を殺して生き延びている連中や書き残した文書などを徹底的に調べ上げた形跡もありません。

 ついでに、申し上げますが、ナレーションも日本の老人たちも全員がゼロセンと平気で発音しています。それが慣用語になっているとしても、零戦を優秀な飛行機と持ち上げるパイロットが、その当時の零式艦上戦闘機つまりレイセンという正しい読み方をしないのが不思議です。彼らは、ZEROに戦をくっつけた和製英語に零戦と言う漢字をあてているのです。零戦を知らなかった世代ならともかく、米国と戦った連中は和製英語がうれしいのかなあ!

参考までに雑誌誌上の説を拝借しておきます。

世界の傑作機1974年6月発行特集・三菱零式艦上戦闘機11-22型のp41

酣燈社 1976年刊太平洋戦争日本海軍機より

解析-