HOME・SITEMAP 日替わりメモ  TOP

航空歴史館 掲載15/01/01
更新1
7/08/10


テーマスイラスト 古谷眞之助

まとめ 佐伯邦昭

協力者 イガテック、伊藤憲一、入間のY氏、インプラント、大木真一、かかし、かつお、金澤理勝、幸田恒弘、コナミ、こんどる、櫻井定和、シシオ、下郷松郎、杉山弘一、たか、高尾 眞、高田和彦、高松龍、谷本、永島東洋輝、なべさん、にがうり、ぱぶりか、林寿彦、飛行浪人、古谷眞之助、まさ、山本晋介、遊佐豊、横川裕一、寿( kotobuki)、A330、CTsuga、DOC.K、ELINT人、geta-o、HAWK、JO1RBO、KUPANBA、Kyou、MAVERIC、NAYER、NPC、OCC、Ogurenko、OKUBO、PAPPY、RENAT、SHADOW、TADY BEAR、TORN、YUSIS、YS45  
【まとめ佐伯邦昭】

参考文献

第二航空団広報室、酣燈社、文林堂、世界の傑作機103F104スターファイター 104ロッキード104J/DJ"栄光" AIR JAPAN、月刊航空情報各号 その他多数

総目次

 

航空自衛隊 シリアルナンバー順全機の経歴と写真

F-104J-1 輸入機の再組立及びノックダウン生産 20機  26-8501〜36-8520
F-104J-2 量産機(当初発注) 160機 36-8521〜56-8680
F-104J-3 量産機(第二次発注) 30機 76-8681〜76-8710
F-104DJ  ノックダウン生産の練習機  20機 26-5001〜46-5020

予備   

このページ F-104J/DJの略年史
各部隊のF-104J/DJ使用期間  グラフ


F-104にまつわる技術、エピソードなど

ロッキードF-104Jシリアルナンバーの怪  たかがシリアルされどシリアル
F-104JのAOA(迎角)センサー
世界的に稀少写真の部類に入るF-104主翼下面のサイドワインダー
F-104のスピードブレーキとドラッグシュート
栄光が栄光であった時代 千歳基地の第201飛行隊と203飛行隊
こんな時代もありました 雑誌「翼」主催の撮影会で写したF-104J
栄光が栄光であった時代 新田原基地の第202飛行隊と第204飛行隊
玉川高島屋のF-104DJ 36-5011 旅回りの始まりか
書評  世界の傑作機ロッキードF-104J/DJ"栄光" 
千歳基地 まだ飛べそうなロッキードF-104J 46-8689の変遷
千歳基地 常設展示のF-104J 46-8574の変遷
1983〜84年 岐阜基地に集められた用廃機
アメリカから台湾空軍が購入した元航空自衛隊機

 

 

F-104J/DJの略年史      略年史略年史
1956 航空自衛隊が次期戦闘機の選定作業を開始
1957/02 航空幕僚監部が機種決定に関する要望書を内閣に提出 速度マッハ2、高度18000m等
1957/05 国防会議において次期戦闘機800機分の予算580億円を決定
1958/08 防衛庁技研の永盛義夫空将補を団長とする調査団をアメリカに派遣
ロッキード、ノースアメリカン、コンベア、ノースロップ、グラマン各社で調査
1958/08 グラマン社がF11F-1の選定に向けて工作開始 ロッキード社との間で激しい争いが始まる
1959/01 佐薙航空幕僚長を団長とする調査団をアメリカに派遣 松前防衛部長らがF-104Bに試乗
報告データでは、グラマンF11F-1が有利であった
1959/04/12 国防会議において次期戦闘機の機種をグラマンF11F-1に内定
1959/08/19 F-X国産価格検討会議開催 以後国会でグラマン:ロッキード論争が続く
1959/08 源田航空幕僚長を団長調査団をアメリカに派遣 木村秀政氏ら民間人を含む
F-102、F-104、N156Fに試乗 
1959/11/6 国防会議において次期戦闘機の機種をロッキードF-104C(F-104J)と決定
1960/01/26 閣議でF-104Jの価格決定
    総額968億円 日本側負担698億円 米側負担270億円(7500万ドル)
    1機当たり4億3200万円 予備部品を含むと4億8384万円
1960/04/15 藤山外相とマッカーサー駐日大使が米側負担270億円(7500万ドル)の公文書交換
1960/06 官民の調査団がロッキード社バーバンク工場で国産化の審査を実施
1960/07 ロッキード社バーバンク工場でF-104Jモックアップを審査
1960/07/22 防衛庁が新三菱重工業と川崎航空機に国産準備を指示
1960/08 神吉三佐らがエドワーズ基地で訓練開始
1960/09 航空自衛隊がJ79-GE-7をJ79-GE-11Aに変更、アレスティングフック装備に仕様を変更
1960/11 実験航空隊長らを西独に派遣 F-104Gの運用状況を調査
1960/11/06 防衛庁防衛一課課長らをバッジシステム調査のためアメリカに派遣
1960/11/11 官民によるF-104J国産化委員会設立
1960/11/17 防衛庁が三菱電機、日本電気、東京通信機にF-104電子機器生産を内示
1960/10 航空情報1960年12月号国内ニュース
1961/03/31 正式契約  新三菱重工 F-104 200機481億円、石川島播磨重工 J79 160基 167億円、各社電子機器59億円 計698億円
1961/05/11 バーバンク工場でF-104J初号機(3001)ロールアウト 地上試験開始
1961/06/30 バーバンク工場でF-104J初号機(3001)初飛行 チャールス セッチェン操縦士
1961/05 ノックダウン生産用の部品第一便が名古屋港に泊着
新三菱大江工場と川崎航空機岐阜工場へ搬入 
1961/07 操縦士、整備要員がパームデール基地やジョージア基地で訓練開始
1961/11 米空軍F-104生産状況調査団が三菱、川崎などを調査
1961/12/21 現地でF-104J(3002)とF-104DJ(5401、5402)を新三菱重工が受領
ロッキード籍のF-104J(3001、3003)と共に現地訓練に使用
1962/02/08 フライングタイガー機によりF-104J(3002)とF-104DJ(5401)が名古屋空港に到着
1962/03/08 F-104J(3002)が26-8501のナンバーで初飛行 ロ社ロス ディール操縦士
1962/04/01 新三菱重工小牧工場でF-104Jの航空自衛隊納入式挙行 
神吉三佐が26-8501で飛行を披露 
1962/04/01 小牧基地に実験航空隊所属の臨時F-104訓練飛行班を編成 
1962/09/17 F-104J1機とF-104DJ2機が小牧から千歳基地に初移動 以後生産分が続く
1963/03/05 千歳基地に第2航空団第201飛行隊新編、F-104マザースコードロンとなる
1963/11/03 F-104J 50機継続生産を決定
1964/03/31 新田原基地に第5航空団第202飛行隊新編  F-104の初の実戦部隊
1964/06/25 千歳基地に第2航空団第203飛行隊新編
1964/10/01 第5航空団第202飛行隊 アラート任務に就く
1964/12/01 新田原基地に第5航空団第204飛行隊新編、F-104マザースコードロンを引き継ぎ
  第2航空団 アラート任務に就く
1965/03/14 三菱重工業 F-104J 200機完納式
1965/03/31 小松基地に第6航空団第205飛行隊新編
1965/12/08 F-104J 第2次生産分30機を契約 149億円
1965/12/20 百里基地に第7航空団第206飛行隊新編
1966/03/31 百里基地に第7航空団第207飛行隊新編
1974/10/01 第2航空団第201飛行隊解散(後にF-4EJによる第201飛行隊復活)
1978/11/30 第7航空団第206飛行隊解散
1981/06/30 第6航空団第205飛行隊解散
1982/12/21 第5航空団第202飛行隊 F-104からF-15Jに機種改編
1984/03/24 第2航空団第203飛行隊 F-104からF-15Jに機種改編
1985/03/02 第5航空団第204飛行隊 F-104からF-15Jに機種改編
1986/03/19 第7航空団第207飛行隊解散

    

各部隊のF-104J/DJ使用期間   使用期間

西暦

62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87
第201飛行隊 千歳基地  
第202飛行隊 新田原基地  
第203飛行隊   千歳基地  
第204飛行隊   新田原基地  
第205飛行隊   小松基地  
第206飛行隊   百里基地  
第207飛行隊   百里基地 那覇基地  
実験航空隊 岐阜基地  実験航空隊   航空実験団   飛行開発実験団

 

 

 

解析