伝説の時代から現代まで 航空史抜き書き

 

航空歴史館

 サルムソン2A2 乙式一型偵察機の事故 2件



 

 杉山弘一  文:佐伯邦昭

1 乙式一型偵察機 290号の不時着

 写真に白インクで記入されている文字の拡大

 世田谷自動車隊は、1917(大正6)年に信濃町の輜重隊が移動して開隊しました。1919(大正8)年からは英国から戦車を導入しています。(ブログ SlowDaysより) 現在は、東京農業大学世田谷キャンパスになっています。

 不時着した1924(大正13)年6月19日というと、岐阜の川崎造船で乙式一型の量産が行われており、290号というのは、陸軍の乙式一型通しナンバーと思われます。



 操縦席前に突っ伏している人物は、発動機右に立っている人物との兼ね合いでみると、何かを調べているようにもみえますが、拡大してみると、犠牲者のようでもあり、実に生々しいショットです。

 エンジンは、サルムソンZ-9水冷星型9気筒230馬力です。資料によれば後部座席に7.7ミリ機銃を備えていますが、この写真では照準器のようなものしかみえません。

 前席の後ろで、ずれかかっているのは、風防みたいなものですが、どういう役割をもつののか、天井の穴は風通しのためなのか、よく分かりません。また、星型エンジンの水冷というのは、どういう機構になっているのか、各務原で復元にあたった 方々の解説を期待します。

 

 

2 乙式一型偵察機 581号のクラッシュ

 この写真について、時期や場所等に関する情報を求めます 。