日本におけるダグラスDC-3 1951年以降の歴史全目次t

       

                        個別機体解説 JA5077 大韓航空へリースも

JA5077の製造番号・形式・主な経歴

形式

c/n 2185 DC-3A-269B → C-48B → DC3A-S1C3G

 米陸軍航空隊時代の名称がC-47ではなくてC-48であることに注意。民間から徴用したDC-3にはC-48からC-52までの名前が付けられましたが(例外もあり)、本機のC-48Bは、R-1830-51エンジンを付けた機体16機のうちの1機ということ以外、詳細は不明です。

1940/1/13

Northwest Ailines NC25610 "6"

1942/6/8

USAAF C-48B 42-56629

1944/7/*

NC25610

19**

N8341C (在中国?) 

19**

Civil Air Transport N1790B

19**

中国共産党に接収されたとの情報もあり

 エアブリテンのThe Douglas Commercial Story の32ページに N1790B C.A.T.Captured by Communists. Returned.N491 Bonanza,5.55.とあります。これまた詳細は不明です。

1955/5/*

Bonanza N491

1961/2/27

Air Ferry Inc.

1961/5/13

JA5077登録 全日空 定置場東京国際空港

広島空港 撮影1963/09 佐伯邦昭



 

1962/10/29

大韓航空公社へリース JA5077 → HL-2005

 1962(昭和37)年に日本航空と全日空が韓国の国営大韓航空公社にDC-4とDC-3をそれぞれ1機づつ貸し出し、10月29日に羽田で引き渡しました。
 全日空DC-3のJA5077はHL2005の登録記号をつけ、1ヶ月4,100ドル(147万6千円)のリース料金で6ヵ月間の契約でした。
 

二国のダブルレジスター JA5077→HL-2005   提供飛龍会

東京国際空港 撮影1962/10/27 赤塚 薫


東京国際空港 撮影1962/11/03 geta-o

 日本航空が同時にリースしたダグDC-4 JA6012とHL-4003のダブルレジスターについては
ダグラスDC-4研究のJA6012に掲載

 

1963/9/

JA5077 長崎航空  質問箱参照

撮影1966/05/03 福岡又は長崎空港 HSC-M

鹿児島空港 撮影日不明 永野修一

  
福岡空港 撮影日不明 

1967/11/30

全日空が長崎航空の定期旅客輸送業務を吸収

伊藤忠管理 八尾空港 片山秀次

1968/9/18

JA5077 抹消登録

1968/*/*

Winner Airways B-313