HOME・SITEMAP 日替わりメモ

航空歴史館 日本におけるダグラスDC-8研究

Study of the Douglas DC-8 in Japan


テーマイラスト 古谷眞之助

 
このページ @ 故桑原 益君に捧げる
A DC-8導入 略年表 初就航まで
B 経歴と写真 DC-8-30シリーズ JA8001〜8006
C 経歴と写真 DC-8-50シリーズ JA8007〜8019 N803 N806 N109
更 D 経歴と写真  DC-8-60シリーズ
  D-1 経歴と写真 DC-8-62 JA8031〜8056N8763〜8768
  D-2 経歴と写真 DC-8-61 JA8038〜8059 

 

協力者

桑原 益、下郷松郎、幸田恒弘、鈴木博之、高尾 真、高田和彦、 戸田保紀、濱野博司、古谷眞之助、ET、geta-o、KUPANBA、PAPPY 〖まとめ佐伯邦昭〗

参考資料

CONTRAIL、日本航空20年史、航空情報、 航空ジャーナル、エアワールド、現用日本の航空機、世界の翼、日本航空機全集、航空統計要覧、その他内外の書籍多数

@


   @ 故桑原 益君に捧げる

 この研究を、我が国で最高のダグラスDC-8論である日本におけるDOUGLAS DC-8を著わした故桑原 益君に捧げます。(彼の論文は、CONTRAIL誌の126(1986 SPRING)から136(1988 AUTUMN)まで掲載されました。)

日本におけるDOUGLAS DC-8 目次

CONTRAIL 表 題  内容の分量
126 第1章 DOUGLAS DC-8のプロフィール 本文12頁、 写真18枚、表1、リスト2頁 
  1 開発に至るまで
  2 -10 〜 -40シリーズ
  3 -50シリーズ
  4 -60シリーズ
  5 -70シリーズ
127
128
第2章 日本におけるDC-8-301 〜 50  本文13頁、 写真32枚
129 第3章 日本におけるDC-8-60  本文13頁、 写真16枚、
130 第4章 DC-8の事故  本文 9頁、 写真28枚、
131

136
第5章 DC-8の外来機

 本文75頁、 写真38枚、 リスト6頁

 桑原君は、三菱商事の石油部門担当として激務のかたわら、実に綿密な調査と外国出張の機会などに撮りためた写真によって 、上記のように本文122ページ、写真132枚、フリートリスト8ページに及ぶ論文をまとめ上げました。 以後手にする文献等で、この論文を質量ともに凌駕するものは無いと信じます。
 残念ながら、この連載の数年後に倒れて不帰の客とな られたため、以後のDC-8の動向など手にすることは出来ませんが、世界は既に727、747、767など第二世代ジェット旅客機の時代に入っており 、DC-8は埋没しつつありましたので、大きな影響はありません。

 彼によるDC-8の存在理由と、DC-8フアンの心理を端的に現わした冒頭まえがきの一節 を紹介しておきます。

(注) IATA「世界の民間航空会社の輸送実績統計 1983年度」で、日本航空がパンアメリカン航空を抜いて世界一位となった

 

A

A DC-8導入 略年表  就航開始まで

1954/07/15

 ボーイング社が、7867-80 Dash Eighty(ボーイング707のプロトシリーズ)を初飛行させた。
 世界の航空会社が注目する中、CommetT型をキャンセルしていた日本航空も更にジェット旅客機の検討を開始した。
 対象は、DC-4とDC-6Bにつながるものとしてダグラス社の航空機としたのは当然の成り行きであった

1955 ダグラス社と直接交渉 航空情報1955年9月号

1955/12/15


 

 

DC-8 4機発注 航空情報1956年5月号

1956/04/12 つなぎのDC-7C 4機購入決定
1956/05 DC-8前渡金のために日本航空社債5億円を発行
1956/10/15 増資 航空情報1956年12月号
1956/12/11 アメリカから融資 航空情報1957年2月号
1957/09 増資 航空情報1957年11月号
1957/12/23 つなぎのDC-7C 1号機 JA6301 東京国際空港に到着
1958/02/12 つなぎのDC-7C 1号機 JA6301 太平洋線に就航
1958/07 増資 航空情報1958年09月号
1958/08/13 日本航空社内にDC-8準備室を設置 社長以下全役職員に対しDC-8の教育を開始
1958/10 DC-8客室クルーの訓練を開始
1959/01/26 東京国際空港に日本航空オペレーションセンター完成
1959 つなぎのボーイング707賃借交渉 航空情報1959年10月号

 
1959 ジェット旅客機DC-8の導入に伴って社章を改正

CONTRAIL60号(1969年5月発行) 日航機の塗装について 桑原 益

1959/10/19 日航整備(株)でDC-8技術者教育を開始
1960/01 追加発注 航空情報1960年3月号
1960/01/13 命名 航空情報1960年3月号
1960/02

KLM、ALITALIA、PANAM、SWISSAIR、SASと交換部品の共同使用と整備のプール協定締結

1960/02/09 DC-8客室実寸大模型完成
1960/02/25 日航整備(株) DC-8のエンジン オーバーホール訓練開始
1960 就航1か月遅れ 航空情報1960年3月号 
1960/07/01 DC-8用シミュレーター訓練を開始
  内装を特注

"KIKU_NO_MA" Lounge of DC-8 Jet Courier
 
   空の超一流ホテルをうたい文句にして、最前部ラウンジ にシルクスクリーンによる前田青邨画伯の紅白梅 の壁紙、窓に障子、床に畳の縁取りを配しました。食器類はのりたけ陶器、シートは西陣織などすべて 日本の一級品を用いたということです。

 

広告を開始  



 DC-8にA型、B型、C型という通称はなく、日航もすぐにこの広告を取りやめ、公刊書にも用いていません。
 そもそも、ダグラスが各設計変更時に外部向けのしっかりした名称を考慮しなかったために、CABが仮に名前を付けたり、FAAがダグラスと協議して決めたりしています。次の通りですが、非常にラフなものであることを断っておきます。

FAAの分類

CABの仮分類

 

エンジン

最大離陸重量

DC-8-10

DC-8A

国内線型 

JT3C-6

 

DC-8-20

DC-8B

国内線型

JT4A-8

 

DC-8-30 (JALでは-32、-33)

DC-8C

国際線型

JT4A-9

140〜143

DC-8-50 (JALでは-55、55F)

 

国際線型

JT-3D各型

147

DC-8-60 (JALでは-61、62、62AF)

 

国際線型

JT-3D各型

147〜152

DC-8-70

 

国際線型

CMF-56

 

  はじめに、米国の各社がCAB方式を使ったため、日本航空もそれにならってDC-8Cとしたものと思われます。よって、この広告は一時期だけの珍品となりました。

 

1960/07/22 1番機FUJI到着 航空情報1960年9月号  詳しくはJA8001参照
1960/08/12 スチュワーデスの制服決定 航空情報1960年9月号

1960/08/17 初就航 航空情報1960年10月号

    8001