伝説の時代から現代まで 航空史抜き書きtop

 

 航空歴史館 

ショート スカイライナー JA8793(G-BBEZ)の思い出
 

関連 海上保安庁のショート スカイバン
関連 1971国際航空宇宙ショーに来た4枚ペラのスカイライナー
関連   ショート スカイバンの原型パンフレットから

 

ショートブラザーズ アンド ハーランドSC-7-3-200 

 Short Brothers and Harland SC-7は、イギリスのF.G.MIiles社が開発していた箱型の胴体と、フランスのAvions Hurel-Dubois社が開発していた高アスペクト比の主翼理論を結びつけた多用途の軽輸送機H.D.M.106(計画のみ、下記参照)の製造権をイギリスのShort Brothers and Harland Ltd.が買って再開発し、売り出したものです。

 日本には3機しか輸入されませんでしたが、シリーズとしては、スカイバン(多用途型)とスカイライナー(旅客輸送型)を通じて153機生産され、更にショート330(136機)、ショート360(164機)へと発展し、まだ世界中で飛んでいます。

JA8793の経歴

1973/09/14 c/nSH1918 G-BBEZ
1973/11/02 JA登録 安宅産業 定置場札幌飛行場
  横浜航空へリース
1974/11 日本近距離航空が横浜航空を吸収 (日本近距離航空は74年3月12日設立)
1977/08/03 エーシー産業 (安宅産業の清算会社) 
1979/03/09 売却のためリース契約解除 日本近距離航空 に名義変更 
1979 日本航空機輸送により丘珠から調布へフェリー (坂崎充著「惜別!YS-11」より)
1979/03/09 抹消登録 
1979/03/15 マレーシアへ売却 9M-AXM

1973国際航空宇宙ショ―に出展されたG-BBEZ

撮影 1973/10/06 入間 JA8793に書き替える直前の展示です

提供 かかし


撮影 PAPPY 





当時の安宅産業の広告


JA8793時代の写真

撮影1975年仙台空港 戸田保紀

 JA8793は安宅産業で登録されましたが、この写真が写された後に北海道内で不定期路線を運航していた横浜航空へリースされます。(下記)


JA8793の横浜航空時代 (情報提供 なすさん)

航空ジャーナル「世界の民間機1975」から


尾翼の横浜航空マーク

 横浜航空 ― 丘珠空港をベースに紋別空港や稚内空港へ不定期便を運行
          1974年11月日本近距離航空に吸収合併

 その吸収に併せてリース契約も日本近距離航空 に引き継がれましたが、同社は1974年8月にツインオッター による北海道各線と新潟(佐渡)路線の免許を得て運行していたので、本機を使うことはなく、1979年3月にマレーシアへ売却されるまで約5年間丘珠空港に 置かれていました。

 その売却に当たって、調布で整備するために丘珠から仙台経由でフェリーした話が坂崎充著「惜別!YS-11」の91〜93ページに載っています。


 

関連 海上保安庁のショート スカイバン

 関連して海上保安庁が使っていた2機のSC-7(JA8800、JA8803)を紹介しておきます。

JA8800の経歴

1975/02/05 c/nSH1936 ロールアウト
1975/03/12 JA登録 安宅産業 定置場東京国際空港
1975/03/31 海上保安庁 定置場東京国際空港
1997/08/28 アイ ティー シ― アエロスペース 定置場竜ヶ崎
1997/09/05 オーストラリアへ売却
1997/09/30 抹消登録 


JA8800 撮影1980 百里基地航空祭 YS45



JA8800の経歴

19 c/nSH1954 ロールアウト
1977/08/19 JA登録 安宅産業 定置場東京国際空港
1977/09/21 海上保安庁 定置場東京国際空港
1981/08/20 海上保安庁 定置場広島空港
1997/11/17 アイ ティー シ― アエロスペース 定置場竜ヶ崎
1997/12/10 オーストラリアへ売却
1979/12/11 抹消登録 

JA8803 撮影1990/01/21 古谷眞之助


JA8803 撮影1992/08/01 防府航空祭 古谷眞之助



撮影1979 下総航空基地航空祭 YS45





ショート・ブラザース・アンド・ハ―ランドSC-7-3-200三面図 
鳳文書林 日本航空機全集1979年版より

3

関連 1971国際航空宇宙ショーに来た4枚ペラのスカイライナー

関連 4枚ペラのスカイライナー   Short SC7  G-ASZJ INTRESTOL

撮影1971/11/02 名古屋空港 1971国際航空宇宙ショー hornet
 

 にがうり

 

関連 スカイバンの原型パンフレットから    

付録 H.D.M.106について

 スカイバンのもとになったH.D.M.106について、F.G.MIiles社とAvions Hurel-Dubois社が共同で1957年に出している仮仕様書を抜粋しておきます。

  H.D.M.106(設計値) SHORT SC-7(JCAB公表値)
全幅 75.4ft 64.11ft
全長 37.1ft 40.1ft
全高 11.5ft 15.1ft
主翼面積 279sqft 373sqft
主翼形状 アスペクト比20.3 上反角無
テーパー翼
アスペクト比( ) 上反角有 テーパー無
エンジン ライカミングGO-480 ギャレットエアリサーチTP-331-201A
ライカミングGO-480B
最高速度 168MPH 327KMH
巡航速度 132MPH 314KMH
航続距離   燃料最大 600nm
貨物扉 後部横開き1枚 後部下開き1枚
乗員
乗客 15 22
貨物 最大1/2ton (下記バリエーション参照) 不明


H.D.M.106の模型写真




積載バリエーション