HOME・SITEMAP 日替わりメモ      TOP

 

航空歴史館 開始19/01/08
追加19/01/12
 


テーマイラスト 古谷眞之助


協力者

興野博史、下郷松郎、濱野博司、古谷眞之助、山内秀樹 、A-330、Blue1、Gulf4、海上自衛隊   【まとめ佐伯邦昭 】

参考文献

航空情報、世界の航空機、酣燈社現用日本の航空機、文林堂オールカタログ自衛隊の航空機
US Navy and US Marine Corps BuNos

 

  56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84  
4101     米へ返還 N219AK
4102                
4103                    
4104                
4105  

S2F-Cに改造

                     
9062     S2F-C      
4106            
4107     米へ返還 N216AK
4108     米へ返還 N217AK
4109            
4110  

S2F-Cに改造

                       
9061     S2F-C          
4111       米へ返還 N215AK
4112       米へ返還 N218AK
4113        
4114            
4115       長崎県福江島沖に墜落
4116            
4117       米へ返還 N212AK
4118                
4119       下総航空基地離陸直後に不時着大破
4120            
  56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84  
4121              
4122              
4123                    
4124       米へ返還 N213AK
4125              
                                                             
                                                             
                                                             
  56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83    

 

S2F-1供与機の受領訓練

世界の航空機1956年10月号

 訓練に空母を使用するとあります。艦載機として開発された機体ですから当然ですが、空母を持ちえない日本では陸上基地からのみの運用となり、その制約は最後までS2F-1の欠陥のひとつとなっています。

 山内秀樹さんが1993(平成5)年にS2F関係者の会でアンケートを行い、その回答をまとめた文書(以下「山内S2F文書」という)の冒頭で「足の長いP2Vの配備の遅れを補うため空母供与の話しもあったように伺っている」と記しています。勿論、実現はしていませんが、最近の護衛艦の空母化の計画を聞くにつけ、62年前の興味深いニュースです。 (2019/01/08記)

     

S2F-1 4101 MDAP供与の初号機   01
1956/12/19  c/n477 BuNo136568g
1957/04 木更津基地へ泊着、追浜基地へ回送組立
1957/04/08 海上自衛隊へ供与 カ-4101 鹿屋航空基地第6航空隊に配備
1976/03/15 用途廃止 アメリカへ返還
1978/01/27 ALASKA AIRLINES  N219AK
2011/02/17  N219AK抹消登録

航空情報1957年7月号



第11航空隊(徳島) 撮影1967頃 大阪国際空港 濱野博司



機雷マーク7個  第14航空隊( 厚木)  撮影1975 厚木基地 A-330

S2F-1 4102 02
1956/12/19  c/n478 BuNo136569g 
1957/04/08 海上自衛隊へ供与 カ-4102 鹿屋航空基地第6飛行隊に配備
1976/06/23 用途廃止

第12航空隊 提供 海上自衛隊


第12航空隊 撮影1964/05/16 岩国航空基地 佐伯邦昭



第12航空隊 撮影1967頃 大阪国際空港 濱野博司



第11航空隊 撮影1973 那覇基地 A-330

エンジンに脚確認用ミラー


第11航空隊 撮影1973 那覇基地 A-330


 

S2F-1 4103 03
1957/01/15  c/n488 BuNo136578g 
1957/04/22 海上自衛隊へ供与 カ-4103 鹿屋航空基地第6航空隊に配備
1979/12/15 用途廃止 アメリカへ返還

 世界の航空機 1957年10月号

第14航空隊 撮影1975 厚木基地 A-330

 

 S2F-1 4104
1957/01/17  c/n487 BuNo136579g 
1957/04/22 海上自衛隊へ供与 カ-4104 鹿屋航空基地第6航空隊に配備
1977/06/15 用途廃止

 

 S2F-1 4105   S2F-C 9062
1957/02/19  c/n495 BuNo136586h 
1957/04/22 海上自衛隊へ供与 カ-4105 鹿屋航空基地第6航空隊に配備
1974/10/30 S2F-Cに改造 9062 第61航空隊配備
1982/01/22 用途廃止
 
S2F-1 4106 06
1957/02/18  c/n496 BuNo136587h
1957/04/22 海上自衛隊へ供与 カ-4106 鹿屋航空基地第6航空隊に配備
1981/07/10 用途廃止

第14航空隊 撮影1975 厚木基地 A-330

 
 S2F-1 4107
1957/03/13  c/n503 BuNo136594h
1957/06/07 海上自衛隊へ供与 第51航空隊(下総)に配備
1976/06/14 用途廃止 アメリカへ返還  N216Ak(未登録の模様)
 
S2F-1 4108 08
1957/03/18  c/n504 BuNo136595h
1957/06/15 海上自衛隊へ供与 第51航空隊(下総)に配備
1976/02/09 用途廃止 アメリカへ返還  N207Ak(未登録の模様)
   鹿屋航空基地に展示 (下郷資料)?

第12航空隊 撮影1967頃 大阪国際空港 濱野博司


第11航空隊 撮影1973 那覇基地 A-330

 

 S2F-1 4109
1957/04/10  c/n511 BuNo136602h
1957/07/15 海上自衛隊へ供与 第11航空隊
1981/07/10 用途廃止 
 
 S2F-1 4110  S2F-C 9061
1957/04/25  c/n512 BuNo136603h
1957/07/15 海上自衛隊へ供与 ト-4110
1973/12/21 S2F-Cに改造 9061 第51航空隊
1980/0616 用途廃止 
 
 S2F-1 4111  
1957/11/27  c/n569 BuNo1366601i
1958/03/01 海上自衛隊へ供与 第13航空隊
1976/06/14 用途廃止 アメリカへ返還 N215AK

 

S2F-1 4112 12  
1957/11/27  c/n570 BuNo1366611i
1958/03/01 海上自衛隊へ供与 第13航空隊
1976/06/14 用途廃止 アメリカへ返還 N218AK

第14航空隊  撮影1963 厚木航空基地 濱野博司

「山内S2F文書」抜粋
・ 稲田 聡 離陸後の急速上昇はサマになるので、デモンストレーションでよく使った。
・ 望月 謙 発進時に、艦載機独特の強力なエンジンパワーにより、急激に座席シートに押し付けられる感触は快い体験として忘れられない。

 

S2F-1 4113 13
1957/12/19  c/n560 BuNo1366651i
1958/03/01 海上自衛隊へ供与 第11航空隊
1984/05/21 用途廃止

第11航空隊 撮影1980 陸上自衛隊高游原駐屯地 興野博史

 

 S2F-1 4114  
1957/12/19  c/n560 BuNo136656i
1958/03/01 海上自衛隊へ供与 第14航空隊
1982/05/17 用途廃止

 

 S2F-1 4115 15
1957/12/21  c/n580 BuNo136657i
1958/03/01 海上自衛隊へ供与 第11航空隊
1977/04/21 長崎県福江島沖に墜落
 
航空ジャーナル 1977年7月号

「山内S2F文書」抜粋
・ 江上純一 当時のMADの性能上低空程能力が発揮できたが、安全高度として昼間100ft、夜間150ftと定められていた。低高度における事故が多かったことも思い出される。
・ 石川廸郎 腋の下に汗をかいたことも幾度か。最低高度が定められていない初期には電波高度計で20〜50ftの飛行も!

 

 S2F-1 4116  
1957/12/19  c/n590 BuNo136681i
1958/03/01 海上自衛隊へ供与 第11航空隊
1982/0701 用途廃止

 

 S2F-1 4117  
1957/12/17  c/n578 BuNo136691i
1958/03/01 海上自衛隊へ供与 第11航空隊
1976/06/14 用途廃止 アメリカへ返還 N212AK

 

 S2F-1 4118
1957/12/30  c/n579 BuNo136670i
1958/04/15 海上自衛隊へ供与 第14航空隊
1980/07/25 用途廃止

 

 S2F-1 4119 19
1957/12/30  c/n580 BuNo136671i
1958/04/15 海上自衛隊へ供与 第51航空隊
1967/02/10 下総航空基地離陸後不時着大破

航空情報1967年4月号

 

S2F-1 4120 20
1958/01/09  c/n581 BuNo136672m
1958/04/15 海上自衛隊へ供与 第51航空隊
1982/02/26 用途廃止

第12航空隊 撮影1967頃 大阪国際空港 濱野博司 


第11航空隊 撮影1981/05/05 岩国航空基地 佐伯邦昭

 

 S2F-1 4121
1958/01/09  c/n582 BuNo136673m
1958/04/15 海上自衛隊へ供与 ト-4121
1981/07/10 用途廃止
 
新 S2F-1 4122 22
1958/01/17  c/n583 BuNo136674m
1958/04/15 海上自衛隊へ供与 ト-4121
1981/07/10 用途廃止

第14航空隊 撮影 浜松基地 A-330

 

新 S2F-1 4123 23
1958/01/24  c/n583 BuNo136675m
1958/04/15 海上自衛隊へ供与 第13航空隊
1978/05/22 用途廃止

第204教育航空隊 撮影1968 大阪国際空港 濱野博司



第14航空隊 撮影1975 厚木基地 A-330

 
新 S2F-1 412424
1958/01/23  c/n583 BuNo136676m
1958/04/15 海上自衛隊へ供与 第13航空隊
1976/06/14 用途廃止 アメリカへ返還 N217AK

第12航空隊 撮影1975/05/16 岩国航空基地 Gulf4

 
新 S2F-1 412525
1958/01/24  c/n583 BuNo136677m
1958/04/15 海上自衛隊へ供与 ト-4125 第13航空隊
1981/09/24 用途廃止

第12航空隊 撮影1967頃 大阪国際空港 濱野博司

 
 
 


以下制作中

4150
木更津補給処
4150
徳島航空基地
4131
鹿屋基史料館
不明
河口湖自動車 

144705 (MSN 666) to Japan Maritime Self Defense Force as 4152, Registration N214AK assigned Jan 27, 1978 but ntu,
cancelled Feb 16, 2011. Stripped for parts and derelict Kanoya AFB, Japan by Mar 1979
Tanker # 175 [ntu] State of Alaska