HOME・SITEMAP 日替わりメモ 航空歴史館技術ノート 航空自衛隊T-33A研究総目次  TOPTOP

 

航空歴史館技術ノート

  

T-33Aの防眩(つや消し)塗装について

 

目 次

問題の発端
 答  にがうり かつお  伊藤憲一  NAYER  予備三曹
 結論  OD(オリーブドラブ)色の退化
 OD色との結論に反対 ダークグリーンです  N.P.C.
 ダークグリーンに決定

 米空軍仕様はつや消し黒 (航空自衛隊も引継いだ可能性大)

 築城基地が手掛けた塗装はつやけし黒ではない
 飛行開発実験団の塗装はつやけし黒ではない
 光沢のない濃黄緑色または黒色ペイントという航空自衛隊マニュアル
 ダークグリーンを基本とする

 
 番外 外側蛍光塗装の変り種    新補修の跡です  

 

 

 
ロッキードT-33Aの防眩(つや消し)塗装について

問題の発端

 福岡県田川郡添田町のロッキードT-33A 81-5358A8112参照)の翼端タンクの内側の色について疑問があり、皆さんに質問します。


答1 にがうり

 T-33Aのチップタンク内側塗装ですが、普通は艶消し黒 に近いように見えます。チップタンク内側色が分かる1枚を送ります。


答2 模型では かつお

 停止しているT-33Aを地上で写す場合、部位的にチップタンク内側はカメラの盲点かも しれません。参考までに模型組立説明書の指定に従った塗装の写真を送ります。


答3 NAYER

 ヒコーキ雲にもT33の翼端タンクの内側をはっきり確認できる画像が何枚もあります。

 退役機で正しい色ではないかもしれませんが、特によくわかるのはかかみがはら航空宇宙博物館のページの「◎ 富士T-1B 05-5810」の項目の2枚目です。T−1の項目ですが、T−33Aの操縦席脇から撮影した画像があり、右主翼とタンク内側がはっきりと写っております。色も判別できると思われます。

 現役時代のものでも.航空実験団バラエティ豊かな頃の下から2枚目のT33Aはタンク内側がはっきり見えます。大きなサイズの元画像があれば確実に色が判別できるかと思われます。

 ちなみに、古いハセガワ製プラモデル「1/72 ロッキードT33A」の説明書では、タンク内側がオリーブドラブとなっており、後にリニューアルされ再発売となったモデルではダークグリーンとなっておりました。

 余談ですが、タンク外側の色にもバリエーションがあるようで、蛍光オレンジが一般的ですが、後ろ1/3が銀色というものなどがあるようです。

 私が撮影した画像・写真を見ても確かに現役の実機はタンクの内側が陸上自衛隊機のような緑系の色でしたが、退役保存機には黒もありました。先日退役したKV107やMU2もT33と同じ様なダークグリーンでした。

 このT33のタンク内側の謎と同じ事がF86Dにも言えそうです。F86Dのアンチグレアとレドームの色は、現役時代の正しい色は「深緑」と「黒」だったと思いますが、各地の展示機はアンチグレアが黒、青、緑などと様々で、レドームも黒や茶でバラバラです。模型を作る際、なにも資料がない時にこういう保存機を参考にして良いものか悩んだりします。

 それだけに、佐伯さんのHPは貴重な機体の写真がたくさんあり、仮にその機体の色が正しくないとしても複数保存されている同型を見比べて、ある程度の推測ができるため、模型の塗色を決める重要な手段として活用させていただいております。

  自分のように模型作りを趣味とする人ならこういう細部の写真を大量に、様々な角度から撮影しているかと思われますので、友人知人にそういう方がいらっしゃるのでしたら聞いてみては如何でしょうか?

 また、世界の傑作機シリーズなど特定の機種の写真ばかりを載せた雑誌がいくつか出版されていますので、その中のT33のものを見れば問題も一気に解決するのではないでしょうか?


答4 T-33Aの専門書について 伊藤憲一 

 別冊航空情報 自衛隊機メモリアルシリーズ1「ロッキード/川崎T−33A」
 1995年12月2日 酣燈社発行 A4版144ページ 写真は白黒のみ
 
 翼端タンクの塗装色については137ページに次の記述があります。この記述から、内側は、OD色とは似ていますが、ちょっとちがう濃い緑色だったようですね。

・・・内側は濃い緑で塗装され、外側はディグロ(蛍光を発する顔料)テープが貼られている。 しかし、各飛行隊でテープを取り付けていたため、全体を貼り付けたり、半分を貼り付けたりと異なっている。最近は蛍光オレンジを塗装している・・・


答5 予備三曹

  T-33Aのタンクの色の件ですが、7年間、毎日33のお世話をしていた私としては、やはり濃い緑と言うよりは、陸自の戦車などに塗られているOD(オリーブドラブ)色に近い様な気がします。

 OD色の定義は知りませんが、手元にある陸自の戦闘糧食の缶詰の色が当時、良く目にした33のチップの裏側の色に近いのですよね。



 以下はタンクの余談です・・・

 タンクの内側の塗装は、燃料補給時のノズルが当たるので、給油口近くのタンクの先端が空気の摩擦で塗装が剥がれます。そこで、瓶に入った塗料を筆でペタペタと塗りました。 

 工作小隊の塗装専門家(尾翼にマークを入れたりする部署)が調合するので、細かい色彩の呼び方は知りません。 

 時に、横着をして瓶の中の塗料を良く混ぜないと、艶消しの成分が沈殿していて、乾いた後もテカテカ光り、ある日パイロットから「飛行中に目に付いて仕方ないから、塗りなおしてくれない か?」とクレームが付いたことがありました。 

 また、外側の蛍光色は、IRANで全部剥がして検査するため、川崎重工業から帰って来る機体は、後ろ半分が貼られていません。 航空団などの機体は、面倒なのでそのまま飛んでいる機体もありました。


撮影:北川喜平 『世界の傑作機 旧版No.63』 (転載許可済み) 

 写真は、浜松に着陸する第1航空団第33教育飛行隊のT-33Aで、内側のOD塗装 の色と、外側の蛍光が半分しかない状態が良く分かります。

 なお、この蛍光塗料とは、3M住友スリーエム製のスコッチカルフィルム(我々はスコッチカルテープと呼んでいた)のことで、フィルムを型紙通りに切って、タンクの後方に貼り付けるものです。貼り合わせで段の出来る場所には、、セメダインの様な透明の液体でシールして、空気摩擦でも剥がれないようにします。

 余ったフィルムで、ヘルメットにネームを貼ったり、飛行隊によっては、キャノピー脇に機付長のネームをはったりしていました。

 この33の大きなタンクは、ノータンクで飛ぶと、横滑りしやすくなり直進安定性にも若干寄与しているとパイロットから聞いた事がありました。


結論 佐伯  (下記で訂正)

皆さん、ありがとうございました。
 改めて添田の写真を詳しく見てみますと、キャノピー前の防眩塗装とタンク内側が同じ青みがかった色であり、文字の黒とは明らかに違います。よって、予備 三曹さんの言われる艶消しのOD(オリーブドラブ)色が退色して、このような色になったものと断定いたします。

 

参考 ウィキペディア(Wikipedia)より

OD(オリーブドラブ)色とは
 
通常は(または茶色)の塗料を1:1で混合して作られるが、生産国や生産時期によってこの比率に差が生じる場合もあるので注意を要する。(事実、模型用塗料などでも、国や時期によって数種類のバリエーションがある。)


OD色との結論に反対します  N.P.C.

 T−33のチップタンクの内側ですがOD色ではなくダークグリーンです。

 モデルアート1997年7月号増刊「航空自衛隊の塗装とマーキング」にFS34079 別名ミージアムグリーンと記載しているし、自分も現役時代に確認しているので確かです。

 模型用の塗料ではGSIクレオスの309番がズバリの色です。

 ちなみにT-33Aのアンチグレアもこの色ですし、あとMU-2のレドームとかベトナム迷彩の3色の中の一色でもあります(濃い方のグリーンです)

 色というのは写真で判断するのは難しいですよね。光の具合とかで違う色に見えますから。またその色をなんと表現するか(見た人が何色と判断するか)でも違いますからね。

第7航空団第305飛行隊 T-33Aのチップタンク内側 撮影1987/09 百里基地 N.P.C.


 
モデルアート1997年7月号増刊「航空自衛隊の塗装とマーキング」には、他の航空自衛隊機の塗装色もガイドがあり古本を購入されるのであればかなりの資料価値が有ると思います。


ダークグリーンに決定 佐伯    決定

 タンクの内側は、OD色ではなくダークグリーンに決定しました。

 N.P.C.さんの詳細な指摘と、NAYERさんの言うように、ハセガワの1/72プラモデルの説明書が旧版のオリーブドラブから再発売版でダークグリーンとなっていること等からです。

 OD色に近いのではと見ていた予備三曹さんの飛行隊は、全国のT-33Aの寄せ集め部隊のようなもので、那覇の塩害塗装の機なども来ており、退色が進んだT-33Aばかり目にしていたので、公式な色の認識をすることがなかったようです。模型マニアでもない限り、無理もない話です。

 しかし、T-33Aの翼端タンクの色で、これだけの議論ができまして、各地の展示機などを見る目が違ってくるし、再塗装のアドバイスもできるようになりました。ありがとうございました。

 TOP

  つや消し黒

米空軍仕様はつや消し黒 (航空自衛隊は引継いでいない)  2015/09/11 jejune

1990年代のアメリカ空軍のTOを紹介します。

 コックピット前及びチップポッドの180度内側のカラーナンバーが30738(つや消し黒)となっています。

 航空自衛隊へ供与された68機の塗装が30738(つや消し黒)であり、その補修等においても適用を指示されているのは当然のことです。

 川崎航空機が国産するにあたって、別の塗料に変更したとは考えにくく、確証が得られるまでは、30738(つや消し黒)の可能性大ということにしておきます。

TOP

 

最新の展示機塗装では、つや消し黒ではない    築城

福岡県築上町メタセの杜のT-33A 築城基地が2013年に塗装  撮影2015/10/25 佐伯邦昭


築城基地内のT-33A 再塗装日は不明  撮影2015/10/25 佐伯邦昭

TOP

 


 飛行開発実験団機はつやけし黒ではない     各務原

かかみがはら航空宇宙科学博物館の61-5221号機について  同博物館 支援ボランティア小山澄人

1956/11/22 c/n1021 航空自衛隊に引渡
1997/03/31 飛行開発実験団で用途廃止
1998/07/14 かかみがはら航空宇宙科学博物館に展示に展示
T-33A空輸のエピソード参照

 本機の修復作業は航空自衛隊第2補給処整備部で行われましたが、チップタンクに一部タッチアップ塗装の跡はありますが、展示にあたってタンク全体の再塗装はされていないようです。従って、この塗装色が航空自衛隊オリジナル・・・と思います。

 防眩塗装ですが、艶消し黒ではありません。光の加減でオリーブドラブに見えたりしますが、ダークグリーンといいますか、濃い緑色です。博物館の嘱託職員で飛行開発実験団の整備OBだった方にも尋ねてみましたが、米軍のスペックは踏襲していない、航空自衛隊はこの色(ダークグリーン)だ、と力説されました。

撮影2015/11/14 小山澄人 (写真は、フラッシュの加減で色調が変わっています)




 そう言われてみますと、2011年に再塗装された岐阜基地南地区の展示機#663もダークグリーン塗装ですし、近年再塗装された川崎重工岐阜工場内に展示の#646もダークグリーン塗装になっています。
岐阜基地南地区展示場の51-5663 撮影2011/06/12 小山澄人

TOP

濃黄緑色

光沢のない濃黄緑色または黒色ペイントという航空自衛隊マニュアル  jetjun

 最新の航空自衛隊の塗色マニュアル(H24.10.9)をみる機会がありました。この中に

2-3 反射防止用塗装
2-3-1
 操縦士の操縦を妨害する反射光を防止するためにコックピット前方の胴体上部に、主翼前縁の前方エンジン・ナセルの1/4内側上部の表面をよく掃除し、下塗りした上で光沢のない濃黄緑色または黒色ペイントを塗布してもよい。

という一節があります。(原文のままですが、日本語としておかしい)
 これから類推するに、T-33チップタンク内側の色は二色あったと考えられます。現在のところ、いつ頃からこの記述が追加されたのかわかりません。T-33が現役だった頃のTOを見てみたいのですが、すでに廃棄されているみたいで、なかなかハードルが高そうです。また、現行TOでは濃黄緑色という色は出現しませんので、実際どのような色なのかも判明しておりません。

 TOの設定当初から、順番に追っかけて見る必要がありそうです。

   TOP

tama

ダークグリーンを基本とする  tama    

 航空自衛隊のJTO-21(マニュアル)からの記憶ですが、防眩塗装はダークグリーンであり、緊急時に在庫がない場合などには艶消し黒の塗料で代替えしてもよいというように解釈していました。従って、ダークグリーンを基本としながらも時に艶消し黒を塗った機体もあったということではないでしょうか。 また、納入業者による品質の差や経年劣化などの要因もあると思います。

 プラモデルでT-33AやF-104Jの防眩塗装を表現するには少し暗いかもしれませんが、GCIクレオス54番カーキグリーンが近いと思います。

 主翼付け根のウオークウエイの塗料には、滑り止めの成分が入っており、乾燥すると、耐水サンドペーパーの600〜800番くらいの感触でした。

 なお、T-33Aのチップタンクが、左右互換性があることを付記しておきます。燃料補給口と尾部フインの付け替えと航法灯の色違いガラスを交換することで可能でした。

 TOP

 

蛍光

 
番外 
翼端タンクの蛍光塗装の変り種

 補修の跡か?

第5航空団第204飛行隊 (F-104J時代) 撮影1982/11/28 新田原基地 KUPANBA

左翼タンクの外側


外側の蛍光について   NPC

 タンクの外側は、翼端灯の前までが蛍光オレンジのテープ(スコチカルテープ)後部はシルバーが標準みたいですが、部隊によってその部分にもスコチカルテープを張っていました。IRAN後等部隊へ配属になった時タンク後部にスコチカルテープを張っているのを見ました。 上記の本によると教育部隊ではテープの追加貼り付け?を禁止していたとあります。たしかに1空団の33を見ると半分オレンジで半分シルバーです、理由は何ででしょうかね?

 蛍光は、現役時でも退色して黄色に見えたり、もっと進行すると白く見えたりしてました、展示機では百里基地のように思い切って外側を赤に塗装したものもあります。


 外側の蛍光について    tama   蛍光2  

1 上の写真の先端部がまだらになっているのは、住友スリーMのテープの継ぎ目がはがれて補修をした跡です。円錐状の部分は均等に貼れないので、空気抵抗ではがれやすい訳です。

2 そのためか、1980年代中ごろからと思いますが、テープをやめて蛍光塗料を塗るようになりました。

3 総隊隷下の各部隊機は全面蛍光とし、教育部隊は前半分だけ蛍光にして後ろ半分は銀色を残すように区分したと聞いたことがあります。

 ただし、2と3については、全機写真集を丹念に見ていくと確認できるのですが、部隊を移動してもそのまま残すケースなど多くの例外がありますので、一概に断定することはできません。 

TOP