HOME・SITEMAP 日替わりメモ 北海 道目次 宮崎県目次 伝説の時代から現代まで航空史抜き書き  ロッキードF-104J/DJ研究総目次

航空歴史館

 

栄光が栄光であった時代 F-104の第201〜204飛行隊

1 千歳基地の第201飛行隊と第203飛行隊
第201飛行隊   千歳基地  F-104マザースコードロン、1964以降実戦部隊  
第203飛行隊     千歳基地実戦部隊  

西暦

62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87
2 新田原基地の第202飛行隊と第204飛行隊
第202飛行隊   新田原基地 実戦部隊  
第204飛行隊     新田原基地   第201飛行隊(千歳)からマザースコードロンを引き継ぎ  

 

1 千歳基地の第201飛行隊と第203飛行隊

第203飛行隊の列線 撮影1964年6月25日第203飛行隊新編以降 提供杉山弘一

 エプロンに並んだ航空自衛隊第203飛行隊のF-104JとF-104DJ
 空の守りはまかせてくれと張り切っていたロッキードF-104が光輝いていた栄光の晴れやかな姿です。

(お断り 盗用防止のため2ピクセルのぼかしを入れました 佐伯 ) 

撮影時期、部隊、場所の推定

  

 奥から3番目の36-8513は、1976/09/01に恵庭の島松演習場でT-33と衝突して墜落しています。よって、撮影日はすくなくともそれ以前です。また、搭乗していた1空尉は第2航空団第203飛行隊に所属していました。       
 マーキング も、かすかにヒグマの形が見えます。

 よって、この写真は、第203飛行隊が千歳基地に編成された1964年以降、早い時期に千歳基地エプロンで撮影されたものと推定します。 佐伯

シリアルナンバーが読み取れる各機のその後

F-104J 36-8549 埼玉県川本町に展示後撤去 APGマーク
F-104J 36-8527 UF-104J/A 36-3527 1995/03/26撃墜
F-104J 36-8513 1972/09/01 墜落
F-104J 36-8529  
F-104J 36-8526 Republic Chaina Air Forceへ供与
F-104J 36-8537 防府北基地に展示中 203SQマーク
F-104DJ 36-5012 Republic Chaina Air Forceへ供与
F-104J 36-8515 かかみがはら航空宇宙博物館に展示 APGマーク
F-104J 36-8552 北海道秩父別町に展示中 203SQマーク

                          

   

第201飛行隊と第203飛行隊の列線  撮影1967年 提供Tamanegi 

第201飛行隊
 前列に第201飛行隊、後列に第203飛行隊の列線で、手前の76-8694が配備されたのが1967年6月なので、それ以降の撮影です。提供者のお父上は1966年に203SQに配属されています。

シリアルナンバーが読み取れる各機のその後

F-104J 76-8694 UF-104J/A 36-3694 撃墜
F-104J 36-8542  
F-104J 46-8653 奈良基地に展示
F-104J 46-8589 1979/09/17 クラッシュ
F-104J 46-8579  

第203飛行隊

 下は、第203飛行隊の列線です。2機目に見える手前の76-8689が配備されたのが1967年4月なので、それ以降の撮影です。

シリアルナンバーが読み取れる各機のその後

F-104J 36-8572  
F-104J 46-8623  
F-104J 36-8516  
F-104J 76-8689  
F-104J 46-8567 日本文理大学教材
F-104J 76-8683 那覇基地に展示
F-104J 46-8542  

 

2 新田原基地の第202飛行隊と第204飛行隊

 

 1980年2月、国鉄九州ワイド周遊券を使って、昼間は撮影、移動は夜間という学生時代だからできた体力勝負の旅行で、あらかじめ見学を申し入れていた航空自衛隊新田原基地にも立ち寄りました。エプロン見学は30分程度でしたが、第204飛行隊の素晴らしいラインや第202飛行隊のロケット弾発射訓練からの帰投風景など堪能しました 撮影1980/02/28 高尾 眞

1 第204飛行隊

列線

46-8601 レドームが黒

56-8669


第202飛行隊 ロケット弾発射(主翼下のポッドから)訓練を終えて帰投

46-8569 胴体3桁シリアル上の文字は不明

46-8644

46-8654

46-8684

76-8653 現在浜松広報館に展示

76-8694 
                           

 

解析