HOME・SITEMAP 日替わりメモ 宮城県目 次 伝説の時代から現代まで 航空史抜き書き T

OP

 

 航空歴史館

航空自衛隊臨時松島派遣隊・第二操縦学校 と同分校(矢の目)時代の風景 


提供 遊佐 豊

 

A2331-08 宮城県東松島市 航空自衛隊松島基地 
        Matsushima Air Base, Higashimatsushima City, Miyagi Prefecture
 
(1) 1954年から1958年の間の松島基地のスナップ

1954年から1958年の間の航空自衛隊松島基地と矢の目基地の略年表(自衛隊のノースアメリカンT-6/SNJテキサンの歴史より

1954/07/06 臨時松島派遣隊開隊 米空軍のT-6による操縦訓練が始まる 第1期操縦学生
1955/11/01 臨時松島派遣隊が第二操縦学校に変更
1956/12/01 矢の目基地に第二操縦学校分校を設置
1957/08/01 第二操縦学校が松島基地から宇都宮基地へ移動
松島基地は第 二操縦学校臨時松島訓練隊となる(F-86Fの訓練)
1958/08/01 宇都宮基地のT-6訓練が終了し 矢の目基地第二操縦学校分校が第一分校となる

遊佐さんの叔父上とT-6G 72-0136 松島臨時派遣隊又は第二操縦学校時代


日の丸を付けた米軍T-6G 114699 後に航空自衛隊52-0023で登録
 松島臨時派遣隊時代と思われる

韓国空軍マークのT-6 上記写真と同時期に撮影されたとすれば朝鮮戦争終結(1953/07)後 自衛隊のT-6と一緒に整備していたと思われる


韓国空軍 P-51


日の丸を付けた米軍T-33A 53-5086 後に航空自衛隊51-5602で登録



上の米軍T-33A 53-5086が航空自衛隊51-5602となった姿 機首に銃口が残っている



米軍F-86F 24804


 



撮影地は矢の目基地 第二操縦学校分校時代と思われるが、左端のT-6は第二操縦学校本校(松島)のマークを描いている