HOME・SITEMAP 日替わりメモ 茨城県目次

 

龍ヶ崎飛行場 このページ ヤコウ・竜ヶ崎飛行場とは  新中央航空本社 
飛行場空撮 竜ヶ崎飛行場
格納機
航空歴史館 竜ヶ崎飛行場で売り出された零式艦上戦闘機と栄エンジン
航空歴史館 零戦52型61-120里帰り記録
航空歴史館 竜ヶ崎飛行場に飛来したドルニエ機
航空歴史館 石塚 零式艦上戦闘機 二二型 A1-112

 
A3007-1 茨城県龍ヶ崎市 龍ヶ崎飛行場
              Ryugasaki Airpot, Ryugasaki City, Ibaraki Prefecture  
                 
竜ヶ崎飛行場のヤコウとは

撮影1979/10/16  YS45


「ヤコウ」
とは「谷古宇」を片仮名で書いたもの

日付 記事 出典と備考
1969/11/11 非公共用飛行場(注)として供用開始

航空情報1970年11月号国内ニュース
 
1971/05/01資料 管理者または設置者日商岩井で工事中 出典「日本航空機全集1971年版」 上記共用開始日との矛盾点は不明
1975/09/01資料 管理者は谷古宇産業 出典1975年発行「航空ハンドブック」 場外離着陸場に分類してあるが間違い
1976/11資料 管理者は中央航空 出典「日本航空機全集1979年版」
1978/12/15 新中央航空(株)設立 出典「新中央航空(株)ホームページ」
1979/10/16 上記写真撮影  
1983/09資料 管理者は東急電鉄 出典「日本航空機全集1984年版」
1987 川田工業(株)が航空事業部設置
04/01現在航空関係グループ会社
 東邦航空(株) 本社調布市
 新中央航空(株) 本社龍ヶ崎市
 アビア航空(株) 本社東京都北区
出典「川田工業(株)ホームページ」
1998/12/31資料 管理者は東急電鉄 出典「日本航空機全集1999年版」
2002/01/01資料 管理者は川田工業(株) 出典「数字でみる航空2002」

 1970年頃の状況がよくわかりませんが、野鳥関係のホームページに昭和35(1960)年ごろから用地買収が始まり44(1969)年11月に飛行場として供用開始したと書いてあります。

 日商岩井〜谷古宇産業〜中央航空〜東急電鉄〜川田工業という管理者の変遷の事情もよくわかりませんが、上の写真の「ヤコウ」の文字の下にうっすらと残る文字は何だったのでしょうか。

 また、これが写された時には中央航空が管理者になっているので「ヤコウ」の文字に誰も気がつかず書き直されなかったのでしょうか。

(注) 非公共用飛行場とは、飛行場設置許可申請書に公共の用に供さないことを付記して許可を受けた飛行場をいいいます。(航空法第38条) 参考までに法律上の分類を書いておきます。

公共用飛行場  飛行場設置許可申請書に公共の用に供することを付記して許可を受けた飛行場
非公共用飛行場  飛行場設置許可申請書に公共の用に供さないことを付記して許可を受けた飛行場 RJ××の略号はない
その他飛行場  防衛庁が設置した飛行場
その他飛行場
(共用飛行場) 
防衛庁が設置した飛行場で公衆の利便のために着陸帯などを公共の用に供する飛行場
場外離着陸場 上記の飛行場以外で国土交通大臣から離着陸の許可を受けた場所
農道空港  農林水産省の農道離着陸場整備事業により整備された場外離着陸場 全国で8箇所

 なお、方位が08-28と書いてあります。正しくは08-26です。

新中央航空本社・竜ヶ崎事業所

撮影2015/11/21 イガテック

旧建物の撤去作業


      

 

飛行場空撮 龍ヶ崎飛行場 滑走路800m

撮影1970年頃 RBO


(拡大) 飛行船を繋留か




撮影2005/01 RBO

 

 
A3007-1 茨城県龍ヶ崎市 龍ヶ崎飛行場
              Ryugasaki Airpot, Ryugasaki City, Ibaraki Prefecture  
                 
◎ 川崎ベル47G-2 JA7310
1961/08/02 c/n214 JA7310登録  定置場昭和ヘリポート
1972/02/15 日本農林ヘリコプター 定置場川越ヘリポート
1989/05/17 抹消登録
  東村山市第一航空産業で保管
  航空科学博物館に展示
2012現在 竜ケ崎飛行場格納庫に保管

新 2017年 変化なし

撮影2017/06/03 YS45


2012年

撮影2012/10/20 MAVERIC

◎ エアロンカ7AC JA3686
1973/09/27 c/n7Ac-1224 N82587 JA3686登録 浜尾豊 定置場桶川飛行場
1977/11/29 石川小佐次 定置場ホンダエアポート
  航空科学博物館に展示 未抹消登録
2014現在 竜ケ崎飛行場格納庫に保管

撮影2014/04/16 JAS思い出の日本エアシステム

 

 

解析