HOME・SITEMAP・サイトマップ 日替わりメモ 茨城県目次 

航空歴史館 いしぶみ

百里飛行場設立記念の道祖神 
百里海軍航空隊営門
 航空自衛隊百里基地の各種碑

 

航空自衛隊百里基地内のモニュメント 
            
 第302飛行隊

  撮影2014/10/19 にがうり
  

 

第305飛行隊30周年記念碑

   撮影2010/07/25 MAVERIC
   


  

第501飛行隊

   撮影2010/07/25 MAVERIC
   

以下 撮影2002/10/31  SHADOW

ペドロ ザンニ中佐の碑

 石碑の多い基地です。
 その中でもアルゼンチンのペドロ ザンニ中佐の碑は異色です。記録ではフォッカーC-4水上機でアムステルダムを1924/7/26に出発し、1924/10/11霞ヶ浦に到着したとあります。その記念碑がなぜ百里に建てられているのかわかりません。

F-4EJ飛行隊 発祥の地碑 
    
第7航空団臨時第301飛行隊創隊記念碑
    
栄光と共に碑 第206飛行隊記念碑
 
    
殉職者慰霊碑 雄魂
    
基地内警備犬慰霊碑 犬魂碑
    

 

A3024 茨城県 Ibaraki Prefecture 小美玉市 百里基地付近
  
◎ 百里飛行場設立記念の道祖神 撮影2008/04/15  more57

 百里基地滑走路21のアプローチに池があり、石碑がありました。何気なく見ると百里飛行場の文字が見えたのでとりあえず写真を撮っておきました。ここには以前神社があったようで、基地バイパス道路の工事により移転したようです。その残りと思われます。

百里飛行場設立記念 昭和十四年旧四月建之 猿田彦大神
 

 

 百里飛行場開設記念という石碑は単なる記念碑かと思いましたら、側面に猿田彦大神と彫ってあり、付近にも猿田彦大神の小さな石碑が散在していたみたいです。
 猿田彦は天孫降臨の道案内をしたというので、全国に道祖神として祀られていますね。よって、これは百里原海軍航空隊飛行場の開設にあたっての道祖神(もしくはその一種)であります。

 飛行場という交通手段の安全を祈るためか、海軍さんの武運長久を祈るためでしょうかね。

 どこやらで軍の命令であったかどうかで不毛の議論が続いていますが、すくなくとも、ご当地の猿田彦大神に祈る碑は信仰厚い地元の方々が自主的に建立したものでしょう。安曇野のエッチな道祖神とは違い、ここは大変に真面目な路傍の神様であります。基地拡張の関係者は絶対に粗末に扱わないように強くお願いしておきます。 (2008/04/29記 佐伯)

 

 

3024 茨城県 Ibaraki Prefecture 小美玉市 百里基地付近
 
◎ 百里原海軍航空隊の営門 小美玉市小川町 撮影2002/10/31  樋口佳弘

 百里原海軍航空隊は、1939/12/1筑波海軍航空隊百里原分遣隊が独立して開隊し、97式艦上攻撃機の訓練基地となりました。
 戦局が悪化した1944/12/5桜花部隊となった神の池航空隊に替わって実戦部隊となり、訓練を行っていた教官たちは忠華隊、皇花隊、正気隊として九州へ移動し特攻の華と散りました。

県道沿いに残る営門の左門柱
左門柱の後ろにある碑
営門に続く石垣
航空自衛隊百里基地内にある桜の石碑

 ここに百里原海軍航空隊ありき 記念に桜を植し その栄光を伝う 昭和三十一年三月 百里原海軍航空隊有志

同祖