HOME・SITEMAP 日替わりメモ 埼玉県 伝説の時代から現代まで 航空史抜き書き

航空歴史館いしぶみ

航空発祥の地碑

フオール大佐の碑

航空整備兵の碑

航空犠牲者記念塔

  木村 徳田 両中尉殉職之處石碑  犠牲者記念塔

A3326-11 埼玉県 Saitam Prefecture  所沢市 所沢航空記念公園
 
◎ いしぶみ 航空発祥の地碑

撮影2010/03/09 MAVERIC


フオール大佐の碑 撮影2003/04/20  にがうり

  

 

航空整備兵の像 撮影2003/04/16  にがうり

 

 この像は、彫刻家故長沼孝三氏が1943(昭和18)年の第2回大東亜美術展に出展したもので、翌19年5月21日に所沢航空整備学校内に建立されました。

 翼を抱き、空を見上げる航空整備兵3人の姿は、当時の少年飛行兵や整備兵のシンボルとされていました。

 戦後50年、かなり痛んでいましたが、所沢航空資料調査収集する会が山形県長井市の長沼孝三彫塑館の協力を得て修復工事を行い、平成9年3月現在の姿に復旧しました。

 

航空犠牲者記念塔 撮影2003/04/16  にがうり

 記念塔は当時のやまと新聞社が募金を集めて墜落地の柿の木台に建立しました。以後所沢駅前、西武園、航空自衛隊入間基地を経て1980(昭和55)年3月航空発祥の地である所沢航空記念公園に移設されました。

 

 

 

所沢市内にて  シシオ

左から関越自動車道をおりたところの標識(撮影03/04/06)、西武航空公園駅前のモニュメントと歩道(撮影2003/02/23)