HOME・SITEMAP 日替わりメモ 千葉県 東京都 神奈川県の目次

柏市 思い出 P2V-7改VSAの飛行写真
 海上自衛隊下総航空基地 のページへ

                      航空歴史館 後-29から転記

Variable Stability Aircraft

P2V-7改VSAの飛行写真

 

オリエント

 年代としては、1979年位から1983年前半でしょうか。P2V−7が除籍になったあたりだと思われます。










 


わが国初の国産ジェット練習機T-1(801号機) 初号機の保存、そして修復復元へから


参考 1979/10/27 岐阜基地での展示風景
Aircraft of Japan
http://www10.plala.or.jp/strgzr/aircraft/index.html参照
 


解体寸前の写真 撮影1982/07ごろ 撮影 大石治生

 写真は下総基地で昭和58年の7月頃の撮影です。当時、航空整備要員として下総の3術校学生でしたので。

 翌59年の4月に再び入校して下総を訪れた際には周囲に用途廃棄され放置されていたP2V-7やビーチクラフトなどが原型を留めずバラバラの金属の山状態で散乱しておりました。
 残骸の山から機種を特定できなかったのですが、おそらくこの地で終焉を迎えたものと思われます。



                                           
 なお、このP2V-7改VSAは、実験終了後はテストパイロット要員の養成機として用いられてたそうです。
しかし、CCVのジェット機に比べて低速飛行する機体なので、SFS翼(主翼上下)の効きが良過ぎて、飛んでて気持ち悪くなる搭乗員も居たと聞きました。

 ※航空情報別冊「対潜哨戒機」昭和55年発行では、テストパイロット養成のために コンピュータに記憶させていた各機種の飛行特性通りに飛ぶ訓練機と解説されてます。


 大石治生さんのホームページ
http://www.coara.or.jp/~ohishi/air/air.html飛行機野郎の部屋から転載


日替わりメモから転記 352番 2003/12/01 投稿 泉水閑

 この機体のデータが「航空機力学入門」(東京大学出版会発行、加藤寛一郎、大屋昭男、柄沢研治著)という教科書に採り上げられております。内容は慣性モーメントから各種安定微係数といった、本当に技術的でありまた一般に出回ることのないデータです。

 今考えると技本の機体なのに、よくデータの開示がされたものだと思います。VSAが人材育成に貢献しているともいえるわけで、もって瞑すべしというところでしょうか。「航空機力学入門」は大きい書店には置いてあると思います。