HOME・SITEMAP 日替わりメモ 千葉県の目次 伝説の時代から現代まで航空史抜き書き TOP

 

航空歴史館 木更津市 思い出 何が見えるのかな 窓から機内を覗く妹
思い出 1960年自衛隊記念日のカーチスC-46D編隊飛行

:現地に展示または保存中のもの ×:過去のもの :現状不明

A3514-11 千葉県木更津市 陸上自衛隊木更津駐屯地
                Kisaradu Army Camo, Kisaradu City, Chiba Prefecture  

                         
思い出 何が見えるのかな 窓から機内を覗く妹  

航空祭スナップです。

撮影1972/10 木更津基地航空祭 :にがうり

 
 時は1972/10の木更津基地航空祭で珍しく全日空がF-27フレンドシップをやりくりして地上展示した時のものです。

 これは前年の雫石事故(ANAボーイング727と航空自衛隊F-86Fの空中衝突)で木更津基地のヘリコプターが多大な支援をしてくれたお礼もあって、基地側から展示依頼を受けて応じたと聞いています。

 定期便使用のため機内のオープンができないので、後部窓に整備用タラップをつけて、外から見えるようにしました。

 子供の兄妹が交代で覗き込んでいた時の写真です。この兄妹にも今や30年が過ぎました。
                 
    2002/10記

 

 
 
A3514 千葉県 Chiba Prefecture  木更津市 陸上自衛隊木更津駐屯地
                         
思い出 1960年自衛隊記念日のカーチスC-46D編隊飛行 撮影1960/11/01  戸田保紀


 1960年(昭和35年)11月1日 自衛隊記念日の観閲式に、上空から参加する機会がありました。

 当時のメモを見ると、午前9時 木更津基地のゲート集合、10時40分離陸、11時45分羽田に着陸、解散となっていました。
 コースは木更津ー茂原ー千葉ー船橋ー両国ー東京駅ー皇居ー神宮外苑ー多摩川ー
羽田空港でした。

 当時の自衛隊観閲式は神宮外苑の絵画館の前で行われていて、ピッタリ絵画館の上を飛びました。

 羽田に下りたのは2機くらいで、ほかの機体は木更津に戻りました。C-46は9機飛んだのではないかと思うのですが、だとすると写真には自分が乗った一番機を除く、8機全部が写っています。

 うっかりして自分が乗った機体の番号をメモしていないのですが、観艦式を撮影する海上自衛新聞社の方と一緒でした。上空では3機で編隊を組んで飛び、 右に18号機、左に6号機が
見えました。C-46は安定していて良い経験をさせてもらいました。

 木更津基地には、S2F-1が16機、PV-2が3機、R4Dが3機、F-102Aが3機、F-86Dが2機、C-46が15機とメモにあります。



海上には観艦式の艦艇