HOME・SITEMAP 日替わりメモ  岐阜県目次

 
各務原市 川崎重工業岐阜工場
 思い出 川崎のオカルさん KAL-1
中央プラザホテル
白山神社
某所

:現地に展示中のもの ×:過去のもの :現状不明

A4413-31 岐阜県各務原市 川崎重工業岐阜工場
       Kawasaki Heavy Industry, Kakamigahara City, Gifu Prefecture   各務原市 

                          
◎ 川崎重工業岐阜工場のロッキードT-33A 51-5646 

 機体に記入されているナンバーは国産第1号機の61-5201ですが、本機は その201号機ではなく、工場内での展示にあたって書き直されたものということです

当初の表示 撮影2003/11  CROW  国道21号線側道から撮影

撮影2003/11  CROW  国道21号線側道から撮影

2005年 作業開始

撮影2005/04/23  ぎふのカラス

2005年 ナンバー表示を正常に

撮影2005/04/30   ぎふのカラス




日替わりメモ929番 2005/10/30から転記

川重岐阜工場にあるT−33の塗り替えについて TIさんから連絡

 川重の社内報で発表があり、社内飛行試験6万時間無事故達成に際して社長表彰が行われ、その副賞賞金を原資として化粧直しが行われたとあります。要するに、無事故達成記念ということです。そして51-5646の本来のナンバーに戻りました。

佐伯から : 各地の展示機の維持管理については心を痛めることが多く、近年は大企業ですら展示機にお金を回さなくなった風潮の中ですが、社長表彰の賞金を原資にして化粧直しをされたアイデアと先輩がつくった航空機を大切に守ろうという社員のご熱意にほのぼのとしたものを感じます。皆さんありがとうございました。

 

A4407 岐阜県  Gifu Prefecture   各務原市 白山神社
                          
◎ 白山神社のプロペラ 撮影2001/02  ogurenko

 たしか雑誌丸に92式軽爆と書いてあった記憶がありますが、92式軽爆ってどんな飛行機? 

 川崎の陸軍92式戦闘機、試作KAD-6偵察機(朝日新聞社北支連絡飛行のA-6逓信機)、陸軍93式単座軽爆撃機などのプロペラがこれに似ています。92式軽爆というのはありませんね。

 日本航空機総集川崎篇によると、92戦の後期と93単軽爆に使ったシュワルツ被包式プロペラの性能が良かったとあり、もし、表面が羽布やセルロイド皮膜で包んであるとすれば、貴重な資料となります。 05/05/13佐伯邦昭記

日替わりメモ771番 2005/05/13から 

 佐世保セイルタワーの水偵プロペラの疑問から発した木製プロペラに関連して、ogurenkoさんが撮り貯めている各地のプロペラなど部品の写真を送ってくれたので順次掲載していますが、各務原市のお宮の欄間のようなところに奉納?されている木製プロペラには、探究心が沸いてきますね。

 例えば朝日新聞社が飯沼飛行士によって大阪〜京城〜北京を8時間26分で飛んで記録をつくった川崎A-6逓信機 など、昭和一桁時代に川崎造船所飛行機工場が製作した飛行機のプロペラによく似ています。各務原で生まれた機体が、退役するに当たって、故郷のお宮へプロペラを奉納した、といった想像も生まれてきます。そういうロマンを楽しみたいですね。

 

A4408 岐阜県  Gifu Prefecture   各務原市 中央プラザホテル
                          
× 中央プラザホテル ロビーのPX-L模型 撮影2003/12  CROW  

 10億円の調査費をかけて基本設計寸前までいきながら、1972年10月の国防会議で決定した第4次防衛力整備計画(1972〜1976年度)の中に盛り込まれなかった国産PX-Lの模型 (PXは1975年にP-3Cに決定)

 2004/06ホテルの改装により処分されました