岐阜県目次 大阪府目次  伝説の時代から現代まで 航空史抜き書き
航空歴史館

 

各務原市

大阪市
川崎のオカルさん KAL-1


 

A4407 岐阜県  Gifu Prefecture   各務原市 川崎重工業岐阜工場
A5502  大阪府 Osaka Prefecture 大阪市港区 交通科学博物館

                          

                 川崎のオカルさん KAL-1   出展:鈴木 博  航空歴史館から転記

 

 出展者 鈴木 博さんのお話し

 川崎航空機叶サ造のKAL-1連絡機です。背景は川崎航空機岐阜工場格納庫です。私が飛行機を邪魔して立っており、飛行機の前部しか写っていないものですが、それでも資料価値ありとの佐伯さんが言うので送ります。川崎のオカルさんと呼んでいましたね。

 1954(昭和29)年1月22日各務原市内で行われた宴会、戦後初の国産機完成の宴としては鍋を囲む質素なものでしたが、招待されたのが運輸次官、運輸省大臣官房会計課長、大蔵省私、招待側が川崎航空機社長、川崎岐阜工場長、KAL-1設計責任者という顔ぶれです。

佐伯注 : 運輸省会計課と大蔵省という顔ぶれからしてエンジンの外貨割り当てか国庫補助金か何か国の関与があったことは確かでしょう。

製造番号 登録記号 製造年月日 登録年月日 抹消年月日 所有者 備考
1001 JA3066 
JG2001
53/07/20 53/07/07 防衛庁用廃64/06/17 川崎航空機工業
54年防衛庁(陸上自衛隊)へ移籍
現在消息不明
1002 JA3074 53/09/18 53/09/18 65/07/19 川崎航空機工業 大阪市交通科学博物館へ展示 

 

2号機を交通科学博物館へ納入

 ボランティア仲間の川崎重工OBの方から頂いた写真です 。川崎社用機のKV-107に吊り下げられているKAL-1 2号機(JA3074)が写っています。

 川崎重工OBの方々の話では、大阪の交通科学博物館まで空輸していった時の写真、とのことなのですが、このような吊り下げ状態で大阪の市街地上空を飛行したというのは考えにくく、半信半疑なのですが・・・。

 航空ショーか何かでKAL-1を使ってKV-107のホイスト能力をデモしているところだ、と言われる方もおられるのですが、KAL-1についてはリサーチ不足でして、本当のところはわかりません。

 はっきりした撮影時期も当方ではわからないのですが、KAL-1 2号機はJA登録抹消(1965年7月)後、1、2年は川崎重工に置かれたままの状態で引き取り先を探していたそうですので、そのくらいの時期ではないかと思われます。


2003/08/17記 かかみがはら航空宇宙科学博物館 支援ボランティア小山澄人

 

大阪市 交通科学博物館へ展示 撮影1980/08  KUPANBA