HOME・SITEMAP 日替わりメモ 岐阜県目次 伝説の時代から現代まで 航空史抜き書き 飛燕の戦後史 その1  top


航空歴史館  川崎キ61 三式戦U型改 飛燕の戦後史 その3 

飛燕のスピナーとカウリングの一部

追加 各務原市歴史民俗資料館の平成27年度特別企画展における展示
 更に追加 特別企画展の市民の反響など

 

A4413-34 岐阜県各務原市 各務原市歴史民俗資料館
        Kakamigahara City Museum of History and Folklor, Kakamigahara City, Gifu Prefecture  

                          

◎ 飛燕の部品

 2015年7月22日、NHK岐阜放送局のローカルニュースによりますと、各務原市内の民家で飛燕のプロペラスピナーとエンジンカウリングのカバーが発見され、同市歴史民俗資料館へ寄贈されました。

 屋根裏に保管されていたために、カバー表面に濃い緑色の塗装が残っているなど、飛燕のオリジナルを知ることができるそうです。カバー裏面の331は製造番号で、初期の生産を示すそうです。

写真提供 各務原市歴史民俗資料館













     発見されたエンジンカバーの位置
     
     





◎ 車輪 

写真提供 各務原市歴史民俗資料館   荷車のは飛燕   スポークむき出しは甲式四型戦闘機


発見時




 

 

 

 

 

 

 

 

TOP

企画展

各務原市教育委員会主催平成27年度特別企画展の航空関係展示から 



撮影及び公表許可済み 田中昭則  

  

 

キ-61飛燕 スピナー


キ-61飛燕 スピナーをゴミ入れに (水冷発動機不足時の余剰機体から)

 

キ-61飛燕 発動機カウリングのカバー

          
              
        
        

 


情報を求めています




 


ニューポール ドラージュ 甲式四型戦闘機の車輪

 


敗戦時の悲哀 つぶされる高速研究機「研三」


講演会

TOP

小山

反 響

08/25日替わりメモ

 展覧会の市民の反響はどうだったのでしょうか、某市に居住して「戦争の悲惨→平和活動」一点張りの7月8月に少々うんざりしている者には、航空機産業中心に都市を形成してきて、これからも伸びていこうという趣旨の企画展がうらやましく見えます。(佐伯)

 

08/26 かかみがはら航空宇宙科学博物館支援ボランティア小山 澄人さんから

 特別企画展は、各務原飛行場の成り立ちや航空隊、陸軍航空廠、各航空機メーカーのこと、各務原空襲の背景や米軍資料からの考察など、事実を偏向なく淡々と伝える、とても良質の展示となっており、正直感心しました。

 来場者も家族連れ(お爺さん、お婆さんがお孫さんを連れて来られている)が多く、予想以上に盛況だったようです。

 当方でも会場の写真を撮ってありましたので添付します。

特別企画展プロローグ


各務ケ原飛行場とその周辺 昭和23年の航空写真による (白文字記入 佐伯)

 

 

 TOP