HOME・SITEMAP 日替わりメモ 静岡県
 

静岡市清水区 東海大学航空宇宙科学博物館


 

航空ファン1974年10月号グラビア頁から (転載許可済み)

 

A4503-2 静岡市清水区三保 東海大学航空宇宙科学博物館
              Shizuoka Prefecture                             
                          
× 東海大学航空宇宙科学博物館 1974年8月3日開館  


パンフレットから  以下提供KUPANBA  全体は:KUPANBAの徒然なるままに参照






航空ファン1974年10月号から (転載許可済み)

教育的配慮の行き届いた展示

館内展示風景



グラビアの紹介文


人生録Z40に『旧東海大学航空宇宙科学博物館  航空文化遺産の継承を途切れさせた責任は重い』を執筆しています。併せてお読みください。 佐伯邦昭

館内展示

× 日大 N-58 シグネット JA3133 

N-58 JA3133の経歴 

  c/n1 伊藤忠航空整備
1960/10/26 JA登録 日本大学 定置場調布飛行場 
1971/05/25 老朽廃棄
1971/06/07 抹消登録
1974/08/03 東海大学航空宇宙科学博物館
  河口湖自動車博物館
1994 JAMCO調布工場で整備
1996 青森県五戸町歴史未来パーク木村秀政ホールに展示

航空情報1974年10月号                        航空ファン1974年10月号
 


× 川崎KAT-1 JA3084

1954/02/04 c/n2001 川崎航空機 運輸省航空大学校 おおよど 定置場宮崎空港
1962/10/22 運輸省航空大学校で用途廃止
1962/10/26 抹消登録
1962/10/26 展示 航空大学校→東海大学三保→滝川市こども科学館
2003/04 かかみがはら航空宇宙科学博物館で修復 展示

航空情報1974年10月号から                       航空ファン1974年10月号から
 
 


× パイパーPA-12 JA3675

パイパーPA-12 JA3675の経歴 

  c/n12-130 N92598 
1973/05/24 登録JA3675 中哉(なか はじめ) 定置場大利根飛行場 
1974/08/03 東海大学航空宇宙科学博物館へ展示
2005現在 抹消登録未済 所在は不明

入場券 撮影1976/10/15  KUPANBA


航空ファン1974年10月号

× 川崎ベルH-13H 30135
1959/12/22 陸上自衛隊へ引渡
1972/12/26 用途廃止 退役時 S
  東海大学航空宇宙科学博物館へ展示

撮影1976/10/15  KUPANBA

× 館外展示機 
     

新明和UF-XS 詳細は新明和UF-XS研究

撮影1980/01 KUPANBA


ビーチクラフトJRB-4(SNB) 6434

経歴 

1958/11/13 c/n7964 海上自衛隊へ引渡 米海軍Bu.No85124
1964/03/31 用途廃止 退役時下総第3術科学校
  東海大学航空宇宙科学博物館へ展示
撮影1976ごろ  RENAT

後ろにドームがあります
撮影1983前後  らぶこすた〜

後ろのドームがなくなっています
撮影1980/01  KUPANBA


シコルスキー H-19C 40004

40004の経歴 

1956/11 陸上自衛隊へ引渡
1973/01/24 用途廃止 退役時 SK
  東海大学航空宇宙科学博物館へ展示

撮影1980/01  KUPANBA                        撮影1982/04/25  丹羽八十
 


セスナL-19A 11090
  c/n21041 USAF50-1367
1955/03/16 陸上自衛隊へ供与 11090 JG-1090
1967/12/27 第1ヘリコプター団特別輸送隊で用途廃止
1974 東海大学航空宇宙科学博物館へ展示

撮影1980/01  KUPANBA
 

撮影1982/04/25  丹羽八十 

 NO.50-1367は供与前の米軍ナンバー


川崎ベルH-13H 301
35
1959/12/22 陸上自衛隊へ引渡
1972/12/26 用途廃止 退役時 S
  東海大学航空宇宙科学博物館へ展示

 

撮影1982/04/25  丹羽八十
撮影 YS45

ロッキードT-33A 51-5623

51-5623の経歴 

1955/07/02 US63-5614  航空自衛隊へ引渡 
1965/10/11 用途廃止 
  東海大学航空宇宙科学博物館へ展示
現在 浜松市の喫茶飛行場前に展示A4504

撮影1976/10/15  KUPANBA



撮影1982/04/25  丹羽八十


セスナ140 JA3153 撮影1980/01  KUPANBA
1961/08/09 c/n14909 JA登録 青山飛行学校 定置場名古屋空港
1969/08/13 根岸銀蔵 定置場三保場外離着陸場
1974/12/06 抹消登録
  東海大学航空宇宙科学博物館に屋外展示
1983/03/09 滝川市航空科学館へ貸与 展示

 


デハビランド DHC-2 ビーバー JA3080 
1953/07/25 c/n543
1954/01/06 JA3080登録 アジア航空測量株式会社 定置場藤沢飛行場→調布飛行場 
1975/06/24 抹消登録
  東海大学航空宇宙科学博物館に屋外展示
2004現在 河口湖自動車博物館 廃機置き場に保管.

現役時 1970

青森空港 撮影1970 Blue1


1980年

撮影1980/01  KUPANBA
 

T-64(P-2J用)エンジンとカブ号の骨組み

航空ファン1974年10月号
東海大学航空宇宙博物館の変遷 (国土交通省ウエブマッピングシステム による)

1975年
 ドームが設けられ、その外にはUF-XSとSNBがみえます。東海大学工学航空宇宙博物館設置まもなくの頃の撮影であると思われます 。

   

1983年  撮影1983/10/25 既に閉鎖?
 ドーム がなくなり、その中にあったと思われる機体が2機残されています。 外のUF-XSはそのままです。

   

1988年 撮影 1988/10/30
 UF-XS を除いて、飛行機はいません。最後のUF-XSも翌1993年に各務原市へ運ばれました。