愛知県目次
 
豊川市 陸上自衛隊豊川駐屯地
伊藤電機工作所

:現地に展示中のもの ×:過去のもの :現状不明

 

A4612 愛知県 豊川市小坂井町 伊藤電機工作所
     Itho Denki Kosakusho, Toyokawa City, Aichi Prefecture
 
           
◎ 伊藤電機工作所の富士T-1A 95-5803

T-1A 95-5803の経歴

1959/01/23 c/nJT-3 富士重工業で初飛行
1959/03/09 防衛省航空技術研究所に引渡
1968/09/07 航空自衛隊飛行実験団で用途廃止
  95-5802の後部胴体を接合
 参考 
埼玉県A-3305
  館山寺 パルパルに展示
  小坂井町伊藤電機工作所に展示
 参考 T-1A修理中??

2012年の状況 変化なし

撮影2012/01/03 TADY BEAR



垂直尾翼先端復元 撮影2007/04/09  GHOST7


2003年の状況

撮影2003/02/15 GHOST7
 

日替わりメモ20120104

〇  富士T-1Aの2号機と3号機に関する疑問

 TADY BEARさんから小坂井町の国道1号線沿いにでんと構えている富士T-1Aの#803(前)と#802(後)合体メカの昨日の写真が送られてきました。大きな変化はなく、汚れてもいないので安心したのですが、改めてこの合体メカのことを調べていたら、かなり前に石手隆之さんから貰っていた稲荷山公園に展示中の#802の写真が出てきたのアップしました。展示中の最も古い姿です。

 そこまでは、どうということはないのですが、調べていると新たな疑問も生まれました。

 #803(前)と#802(後)合体そのものは、事情があって証拠を出すことはできませんが、確かな話です。ただ、次の伊藤電気工作所での会話と、それより以前に展示していた舘山寺温泉パルパルで写真を撮ったHornetさんの感想とが合わなくなってくるのです。

@ T-1A修理中??に出てくる「エンジニアの方 → これはね〜。半分ずつ違う所から運んできてくっつけたんですわ。 前半分は、どこだったかな?・・・忘れた・・後ろ半分は厚木の方から持ってきたな。確か・・」という会話は2004年のこと

A A452-32の写真に付してあった説明「舘山寺温泉パルパルで1988年8月27日に撮影したT-1A(95-5803)とH-19C(11-4718)です。展示の基礎のコンクリートがまだ新しそうです。H-19は塗装したばかりという印象でした。」とあり、伊藤電気工作所との間に16年の差があります。

 16年前に#803と書かれた機体が前後完全な姿で写っているのに、伊藤電気工作所では厚木辺りで拾ってきた機体をつなぎ合わせたという、不思議な話です。更には、稲荷山公園の#502は、駅拡張工事のために2000年に撤去されたというのに、その後部胴体の合体メカが1988年に舘山寺温泉にあったという不思議???

 早朝の眠たい頭では整理ができませんので、取り敢えず問題提起だけしておきます。

 

A4610 愛知県 Aichi Prefecture 豊川市 陸上自衛隊豊川駐屯地
           
◎ 陸上自衛隊豊川駐屯地のベルUH-1B 41557

UH-1B 41557の経歴

1970/03/23 c/nMH-58 陸上自衛隊に引渡
  北部方面ヘリコプター隊
撮影1982/11/06 霞目駐屯地 伊藤憲一

1991/12/07 北部方面ヘリコプター隊で用途廃止
  豊川駐屯地に展示

撮影2002/11/24 ogurenko