大阪府目次
 
堺市北区 大阪府立大学
堺市堺区 出島漁港船待神社境内

:現地に展示中のもの ×:過去のもの :現状不明

A5551 大阪府 Osaka Prefecture  堺市北区中百舌鳥 大阪府立大学工学部 
 
  大阪府立大学工学部のダグラスDC-8 JA8001の部品 撮影2008/08/09 オープンキャンパスにて  ラジコン

 


赤線部分 抹消年月日は1987.3.31の誤り   路線引退は1974年で、同年11月から整備訓練機
として使用されていた 佐伯)


 

 

A5518 大阪府 Osaka Prefecture  堺市堺区出島西町 出島漁港 船待神社境内
 
  航空輸送発祥記念碑 堺市堺区出島西町 出島漁港 船待神社境内 撮影2008/07/22 小規模板工房

 航空輸送発祥記念碑 元航空局長 波多野保二 書

  真夏に来たこともあるのでしょうが、ご覧のとおりあまり手入れをされている感 じではありません。碑の文字を撮影するために、草を取り除かないといけない状 態でした・・・  1キロほど離れたところにある旧堺灯台が史跡指定され、保存修復され、周囲が 整備された公園になっているのと対照的な放置ぶりでした。
  86年前、徳島まで水上機で結ばれていたころの面影は埋め立てによって全く無 く、人影の無い漁港の外れに立つ草生す碑を見ていると思わず芭蕉の夏草や兵どもが夢の跡 の句が浮かんで来ました。(2008/07/26記)


大正十一年六月四日この地
に日本航空輸送研究所を設
け日本最初の定期航空 を開
始し二十有余年航空路開拓
の貴き犠牲となられた翼友の
芳名を記し冥福と加 護を祈る
  
  昭和三十四年六月再建
      
     勲六等 井上長一

一等飛行機操縦士 西村英雄ほか19人の肩書と氏名が彫ってある
ここに、航空輸送発祥
記念碑を存置することに
ついては、堺市出島漁業
協同組合史 に記載されて
いる史実にもとずき、
大阪府・堺市当局のあっ
せんにより井上家と 協議
のうえ承認する。
 
 昭和六拾二年八月吉日
  堺市出島漁業協同組合
 
日替わりメモ510番 2008/07/26から

 小規模板工房さんは、今までインターネット航空雑誌ヒコーキ雲に出ていないのが不思議であると書いてきました。

 千葉県稲毛の伊藤飛行機練習所で訓練に励んでいた井上長一青年が、一念発起(当時誰も考えたことのない)航空輸送を志して大阪へ移り、花街でのタクシー事業で資金をつくり、日本航空輸送研究所を堺に設立して日本で初の輸送空路を開拓したことはよく知られています。特に、エアガールと麒麟麦酒のサービスを提供したスーパーマリン サザンプトン飛行艇麒麟号は有名です。

 ただ、この初もの自体や日本航空輸送研究所と堺市大浜の水上飛行場については、航空史家は意外に冷淡なように見受けます。詳しい記述を見たことがありません。そんな影響で、この碑もあまり陽の目を見ないのかも知れません。現状も、付近は埋めたてられて漁港やヨットハーバーになり、井上長一氏が建立したらしい碑も府や市の斡旋で漁協が移設を受け入れたみたいで、あまり芳しからぬ扱いみたいです。

 漁業者にとって水上機は業務妨害の最たるものでしょうから、やむを得ないとはいえ、井上さんは悔しいことでしょう。ヒコーキ雲に紹介したことにより、航空史家の皆さんに関心をもってもらうことを期待します。