HOME・SITEMAP 日替わりメモ 伝説の時代から現代まで航空史抜き書き  兵庫県目次

 

航空歴史館

川西〜新明和の飛行艇研究

このページ マーチン PBM-5A マリナーの思い出

マーチン SP-5B マーリンの思い出
  SP-5Bの解体 米海軍飛行艇の終焉

シコルスキー H-53A シースタリオンの積み出し
US-1A 最終号機 9090 最後の定期整備が終わる
US-2 4号機 9904が長期のオーバーホールを終えて飛行テストを開始
US-2 6号機 9906が初飛行

別 掲

 川西二式大艇の戦後史
 神戸港 徒然の記 飛行艇と飛行艇母艦 (抄) 故中井八郎さん原稿
 コンソリデーテッドPBY-6Aカタリナ研究
 グラマンJRF-5グース研究
 グラマンUF-2アルバトロス研究
 新明和UF-XS研究
 新明和PS-1研究
(予定)   新明和US-2研究

 

ニュースフラッシュ349   9906

神戸市東灘区 新明和工業甲南工場  撮影2017/03 濱野博司


  新造機のUS−2、6号機が3月2日初飛行に成功しました。間もなく第71航空隊へ引渡されます。

撮影2017/03/07 鳴尾浜


撮影2017/03/08 甲南工場


TOP

 

 

神戸市東灘区 新明和工業甲南工場  撮影2016/03/02( 水) 高尾 眞


  US−2、4号機の社内テストの姿を送りす。2016年3月2日午前の撮影で、3月1日に引き続き2回目の社内テスト飛行でした。当日は岩国での着陸テスト他を実施した様子です。

 昨年3月11日に工場入りしてから異例の長期間にわたるオーバーホール作業を終え、社内試験飛行を開始しましたが、通常の作業期間を大幅に超える期間を要しました 。5号機の事故による影響でしょうか。なお、外見上の変化は見られません。

・ 甲南で撮影をしていて、いつも思うのですが、「行きは、坂道を滑り降り、帰りは這い上がる、ある意味で、不思議な飛行機」です。年度末になると、新造のUS-2 9906が姿を現す見込みです。

参考 

5号機9905の事故について  2015/11/13海自発表の要約 

 岩国航空基所属のUS-2の5号機「9905」は、4月28日高知県足摺岬北東約36キロメートルの海上での離着水を繰り返す訓練中に機体の一部を損傷し離水に失敗、機内に浸水があったため19名乗員は脱出し、機体はその後水没した。
 エンジンの1基が波をかぶり出力が低下したため、緊急対応として、残る3基を稼働させて飛び立つ「3発離水」を行った際に、機体の姿勢を制御しようとする操作・操縦が過大であったことが原因で、海面に衝突しエンジンが脱落した。
 また、US-2の操縦ハンドブックなどの技術刊行物に「3発離水」に関する具体的な手順や判断基準が示されていなかったことも要因としてあげられる。
 再発防止のため、US-2による洋上離着水を含む段階的な訓練飛行の実施や3発離水手順の見直しなどが今後予定されており、洋上での救難などの実務投入は2016年3月以降に再開される見通しとなっています。

TOP

2015/10/13

神戸市東灘区 新明和工業甲南工場  撮影2015/10/13(火) 10/21(水) 高尾 眞


 新明和工業甲南工場ではUS−1A 9090号の最後のオーバーホール作業・テスト飛行が行われました。US−1Aも残すところ2機(9089・9090)となり、9089号機は本年度中のリタイアが予定されています。 最終号機の9090も平成29年度いっぱいでのリタイアが見込まれるとのこと、したがって、神戸甲南でのUS−1A最後の姿となる飛行テストは10月13日から開始され、10月23日午後、甲南から岩国に向けてフェリーされました 。六甲の山並みと神戸市街地をバックに滑水するUS−1Aの姿もこれで見納めです。

2015年10月13日 定期整備(PAR)終了後テスト飛行初日

 芦屋沖に着水後、甲南工場へ向け滑水帰投中です。 逆光になりますが、US-1では何とか絵になり、好きな撮影ポイントです。US-2ではまるでシルエット写真になってしまいますが。


10月21日

この日は、海自クルーによる領収テスト飛行だったようですが、スベリを降り、ギアを上げた直後に動きが止まり、しばらくしてから再びギアを降ろし、スベリに這い上がっていきました。エプロンでは右メインギアに工員が取り付いていました。このトラブルのため、結局この日は飛びませんでした。


 甲南工場には、間もなくPAR中のUS-2(9904)のテスト飛行が始まると思います。2015年3月11日に工場入りしましたが、通常よりも作業期間が長くなっているのは、9905の離水事故の影響でしょうか。年度末になると、新造のUS-2 9906が姿を現す見込みです。

TOP

PS以前

米海軍 マーチンSP-5B(P5M)の思い出


P5M-1

P5M-1 126501 VP-40 QE-7  撮影1958年頃 提供濱野博司 白いレドームは米本国用を示す


SP-5B (旧P5M-2S)

水上機母艦から揚陸 撮影1964 提供 関西航空史料研究会

SP-5B 135517 VP-40 SG-5



140148 VP-50 SG-8

 

140147 VP-40 QE-3 撮影1967/05/07 濱野博司 黒いレドームはSEA用を示す 3機で飛来


新 SP-5Bの解体 米海軍飛行艇の終焉SP-5Bの解体

 1967年初夏、VP-40(QE)のSP-5Bが甲南工場に集まってきました。勤務していた叔父から「18機のピーゴを甲南でつぶす」と聞いていました。4月29日にQE-4が我が家の上空を超低空でパスしてから、5月8日までに、修理で残っていた機体と併せて18機が確認できました。

 工場では、レドームとエンジンと機密部品だけを本国へ送り、機体はユンボでつぶされたそうです。

 SP-5Bの引退(即ち米海軍飛行艇の終焉)の式典は1967年11月頃にノーホーク基地で行われ、その時期にVP-40(QE)は既にP-3Aを装備していました。

以下、1967/05/08前後に撮影  濱野博司
140147 VP-40 QE-3 撮影1967/05/07 濱野博司 黒いレドームはSEA用を示す 3機で飛来




135517 VP-40 QE-8 撮影1967/05/06 濱野博司 白いレドームは米本国用を示す ノーホークからの補充機


赤いツチブタのマーキング


QE-1




  

TOP
 

H-53A

米海軍 シコルスキー H-53A シースタリオンの積み出し  提供 関西航空史料研究会







        



TOP

PBM-5A

米海軍  マーチン PBM-5A  マリナーの思い出  提供 関西航空史料研究会

 時期は、1940年代かと思われます。


OPPAMA (追浜)



バズナンバー判読 PBM-5A 102272






TOP