HOME・SITEMAP 日替わりメモ 兵庫県目次 伝説の時代から現代まで航空史抜き書き

航空歴史館

宝塚市 宝塚ファミリーランド


 

A5614-1 兵庫県宝塚市 宝塚動植物園 宝塚ファミリーランド   (2003年4月閉園)
       Takarazuka Family Land, Takarazuka City, Hyogo Prefecture

                  
 宝塚動植物園

× 宝塚動植物園で開催された宝塚交通博の展示機

 宝塚が戦後再開されてから、園内に宝塚交通館も設けられ、宝塚交通博というのは多分そのオープンに合わせて開催されたものと思われます。3枚の写真は彩雲会のどなたかが撮影したもので、高級品のカラーフィルムとともに、当時のレジャー施設の一端を物語る貴重な記録になっています。

 航空機が展示されたプールは、1924(大正13)年に建設されたと言われていますが、50メートルの本格的な競泳プールになっており、また、半分に仕切られている状況から戦時中に他の用途に転用されてプールの用をなさなかったようです。L-5は八尾駐屯地第3飛行隊の退役機です。(佐伯)

陸上自衛隊 スチンソンL-5G-VE


撮影1957/04〜07 彩雲会 経歴等は日本におけるスチンソンL-5の歴史参照 提供高田和彦






丸い物体は救命浮舟

 

更 2 1960年以降宝塚ファミリーランド

× 宝塚ファミリーランドのダグラスDC-4 JA6003 撮影1964 TAIYOO

ダグラスDC-4 JA6003の経歴

1952/10/31 c/n3115 N88556 JA6003 日本航空 定置場東京国際空港

現役時代のJA6003 榛名  JAHS
1962/04/10 大阪国際空港で胴体着陸
1962/04/18 抹消登録
1964 兵庫県宝塚市宝塚ファミリーランドで確認
1972 岡山市青江 ボウル国際に展示 
1975〜1976 香川県高松市屋島 ホームセンターナカイに展示

JA6003 日本航空榛名号とした理由
 日航のDC-4はJA6003とJA6011の2機以外は退役後すべて外国へ売却され、JA6011はオーバーラン後に炎上していますので、残るは大阪国際空港に胴体着陸したJA6003となり、地理的にも当地へ運搬可能なことによります。

 1964年頃の冬 撮影高見保市 提供高田和彦

撮影1964 提供TAIYOO

 TAIYOOさんのお父上のアルバムから発見された宝塚ファミリーランドのダグラスDC-4です。1964(昭和39)年の撮影ということです。JALの運用では出入り口は左胴体後部のドアのみだったと思いますが、行列を見ると見物人を右前部から入れて左後部から降ろしていたようです。