山口県目次
 
防府市
航空自衛隊防府南基地  展示機
 関連して防府南基地の 保存状態

:現地に展示中のもの ×:過去のもの :現状不 明

A6505-5 山口県 Yamaguchi Prefecture 防府市  航空自衛隊防府南基地  
    
航空自衛隊防府南基地の展示機  撮影2001/07/22  幸田恒弘

 

◎ 三菱F-1 50-8270 撮影2008  幸田恒弘(撮影:浜谷篤雄)

50-8270の経歴 

1985 c/n162 航空自衛隊に引渡
  第6飛行隊で用途廃止
2008 防府南基地に展示

◎ ロッキードF-104J 46-8636 

46-8636の経歴 

1964/09/30 c/n3136 航空自衛隊に引渡
1984/05/30 第204飛行隊で用途廃止
  防府南基地に展示

撮影2005/05/29 佐伯邦昭


    

◎ ノースアメリカンF-86F-30 52-7403 

52-7403の経歴 

1955/12/20 c/n191-314 US52-4618 航空自衛隊に引渡
1959/08/26 第1術科学校で用途廃止
  各地のイベントに貸し出し  奥道後防衛博参照
  防府南基地に展示

展示初期

撮影2005/05/29 佐伯邦昭

F-86F-30の境界層板

◎ ノースアメリカンF-86D 84-8127 撮影2001/7/22  幸田恒弘  

84-8127の経歴 

1958/08/22 c/n173-111 US51-5967 航空自衛隊に引渡
1968/10/01 第101飛行隊で用途廃止
  長崎県福江島航空自衛隊警戒隊に展示
  防府南基地に展示

◎ ビーチクラフトT-34Aメンター 61-0391 

61-0391の経歴 

1956/03/27 c/nFM-31  航空自衛隊に引渡
1980/01/07 新田原基地で用途廃止
 

防府南基地に展示

 「米軍から輸入された」という表現は奇異である上に、最初の機体が自衛隊に納入されたのは1954年3月である。

撮影2005/05/27 佐伯邦昭


撮影2001/7/22  幸田恒弘

 

関連して防府南基地の保存状態 撮影2005/05/29 佐伯邦昭

 

 防府南基地の展示機たちは、自衛隊の中では、再塗装や部品欠落防止、危険防止などの処置においてまあ良く管理されている方です。しかし、油断していると、このような状況になります。

F-86F
航空機ブレーキにローターディスクを採用したのは、たしかXF-86が最初であったと記憶しています
 キャノピーの透明度低下はやむをえないにしても、茶色いカビのような汚れが気になります
 左側搭乗ステップ(足掛)は、蓋の代わりに薄いビニールをセロテープで貼ってあるだけ 
 補助翼は番線で固定 危険防止のゴムホースも哀れです
 右翼端のピトー管 腐って落ちないようにウレタンを巻き付け
T-34A
 塗料の材質によるものか、厚化粧にシワがよっています
製造と修理記録の富士重工業銘板は見事に塗りつぶされました

2009/03/19日替わりメモ

北基地と南基地の説明板を見ていましたら、次のような違いに気付きました。言いたくはありませんが、航空学生を養成する目と鼻の先にある場所で、このような表記の相違は何とかならんものでしょうか。

防府南基地 防府北基地
T-34A 最大速度 約 280Km/H T-34A 最大速度 304Km/h 
T-34A 航続距離 約 900km T-34A 航続距離 1185Km
F-86D 最大速度 約 1180Km/H F-86D 最大速度 1113Km/h
F-86D 航続距離 約 1200km F-86D 航続距離 1416Km