HOME・SITEMAP 日替わりメモ 山口県目次 伝説の時代から現代まで航空史抜き書き

航空歴史館

 

陸に上がったPS-1

 

A6508 山口県大島郡周防大島町 陸奥記念館
     Mutsu Memorial Museum, Suo-Ohshima Town, Yamaguchi Prefecture    


                 AIR JAPAN No.46 (1985/05発行)より
 (河本信雄さんご連絡ください)
       









      当日は逆光のため20日後の1988/02/10に改めて撮影
      

           岩国航空基地第31航空隊のPS-1 作成河本信雄 (AIR JAPAN50から)          
         

◎ 陸奥記念館の新明和PS-1 5818

1977/03/05

c/n1018 海上自衛隊に引渡  第31航空隊

1987/05/11

用途廃止

1988/01/20

陸奥記念館に展示

現役時

撮影1979/08/25 岩国航空基地 佐伯邦昭


2016年

 2010年の状況よりは、生い茂った木がなくなり、 また、柵がないにも拘らずいたずら等の形跡はありません。すっきりした環境です。ただ、汚れはあります。この日は天気が良く、釣り人が大勢おられ、15センチ程度のメバルがよく釣れていました。

撮影2016/01/31 忍者





意外に細い胴体


2012年 役場の対応

日替わりメモ201207/25 
 陸奥記念館のホームページを見ると、今年も、89歳になられる生存乗組員を迎えて慰霊祭が行われるなど戦艦陸奥の顕彰に加えて、海水浴キャンプ場案内や土産物の宣伝はありますが、飛行艇に関しては写真も無く、冷遇されているように感じます。2年前に既にひどい状態との情報もありましたが、巨体ゆえに手が付けられず悲しい姿を木立の中にさらしているのでしょうか。心配です。 陸(おか)で朽ち果てるよりも、海(みず)に戻して、せめて魚巣にでもなってくれたらと思います。場所は陸奥爆沈のところというと不見識でしょうか。

上記に対する周防大島町役場からのメール要旨
 ご指摘の点につきまして、まず、樹木については2011年に伐採・剪定を行い以前の状態から改善を行っております。また、機体の状態につきましても、昨年度、機体の洗浄や一部塗装を実施しているところです。 このPS−1は防衛省より借受をしているものであり、機体の維持管理につきましては、今後、改修・管理方法等を各方面と協議しながら対応してまいりたいと思います。
         
                周防大島町産業建設部 商工観光課 
公共施設管理班 大村雅昭 


2010年

 特に手を加えた様子はなく、以前のままのほったらかし状態で、退色も腐食も進み、ボロボロです。撤去しないのが不思議なくらいです。樹が育っているのでマトモなレンズでは、もう撮ることができません。撮影には10mmなど普段余り使わないような超広角レンズや魚眼レンズが必要ですネ。(作例は10-24mmレンズ使用)

撮影2010/09/19 山本晋介


2002年

撮影2002/09/14  HAWK
  


1992年 

撮影1992/09/30 かつお

 

戦艦陸奥が爆沈した柱島沖と大島の中間くらいを航行するフェリーから陸奥記念館を見る
     
            
            

 

参考


           1971年から始まった引揚げで広島県江田島町の深田サルベージ作業場へ運ばれた陸奥の船尾  佐伯邦昭