HOME・SITEMAP 日替わりメモ   高知県目次  伝説の時代から現代まで 航空史抜き書き

  

 
航空歴史館
 
 
1955年ごろの高知にて 海上自衛隊航空機PRか
 

 

A7410 高知県 Kouchi Prefecture  高知市 

1955年ごろの高知にて 海上自衛隊航空機PRか  かつお 
    

 
 これらの写真は高知市の市営補助グランド建設予定地や高知空港に飛来した自衛隊の航空機です。特にイベントというわけではなく、発足間もなかった自衛隊の訓練を兼ねたPR活動だったようです。

グラマンTBM-3S2アベンジャー カ-2342


左向うはタッグを組んで対潜哨戒訓練をしていたTBM-3W2です。 右向うに極東航空代理店土佐電鉄の高知空港待合所が見えます。 342号機は某所から発見された初期の海上自衛隊機写真集に用途廃止後の姿があります。
 

シコルスキーS-55

撮影 1955/02 ウエストランド/シコルスキーS-51 8832 館空202
(WS-51 Mk.1A ドラゴンフライ c/n WA/H/130 UK G-ANGR)
 


 S-51は海上警備隊が初のヘリコプターと3機購入し、館山基地に置きました。この写真は、警備隊から自衛隊に変わって7ヶ月後のもので、館山202を記入しており、雑誌等でも今までお目にかかったことがありません。海幕広報もこの所属の写真はもっていないのではないでしょうか。
 一般に見られるのは、この1年後に編成された大湊航空隊に異動してミ-8832となった以後のものです。